前線や低気圧の影響で、東北ではきょうからあすにかけて、中国地方や北陸では今夕にかけて大雨のおそれ。土砂災害や低い土地での浸水、河川の増水や氾濫に警戒。

きょうの天気 東北、北陸などで大雨警戒

画像A

きょう(8日:土曜)は、夏の太平洋高気圧が、沖縄と九州から関東にかけての広い範囲を覆うでしょう。中国地方や北陸から東北には前線が停滞し、低気圧が近づく見込みです。北海道は、北の高気圧に覆われるでしょう。
大雨が予想されているのは、中国地方や北陸と東北です。中国地方や北陸は、きょう夕方にかけて大雨が予想され、東北はあす(9日:日曜)にかけて広い範囲で大雨になるそれがあります。
大雨のため誘発される土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒が必要です。また、落雷や竜巻などの突風が吹いたり、ヒョウが降る所がある見込みですから、ご注意下さい。
北海道は、日中は晴れる所が多いでしょう。南部や東部では、夕方から雨の降る所がある見込みです。
関東から東海、近畿、山陽、四国と九州にかけては、日中晴れる所が多い見込みですが、前線に向かって湿った空気が流れ込むことや日中の気温上昇で大気の状態が不安定になるため、午後から夜を中心に局地的な雨や雷雨があり、激しい雨の降る所がある見込みです。
沖縄は、夏空が広がりますが、夕立があるでしょう。

画像B

きょうの気温 残暑猛暑 北海道、東北は秋の気配

画像C

きょうは、夏の高気圧に覆われる沖縄や九州から関東にかけては、平年並みか高い所が多く、各地で30℃以上の真夏日になるでしょう。35℃まで上がって猛暑日になる所もありそうです。
体に熱をこもらせることを避けましょう。人混みでない(2メートルの間隔)所ではマスクを外す、マスク必須の所では時々外して水分補給をすることもポイントです。
一方で、前線の直下や前線の北にある高気圧に覆われる東北、北海道は平年並みか下回る所が多いでしょう。9月中旬並みの所もある見込みです。
東北では、いつもの年なら、ねぶたやねぷた、竿灯、さんさ踊り、七夕、花笠、わらじ祭りなど大きな夏祭りの終わるころで、秋の足音が聞こえ始めるころですが、きょうは、頬を伝う風に秋の気配を感じる所がありそうです。