メイン画像

きょうは西から低気圧や前線が近づくため、秋田県を中心に活発な雨雲のかかる所があるでしょう。また、あす15日(土)も大気の状態が不安定となるため、激しい雨や雷雨に注意が必要です。あさって16日(日)は太平洋側を中心に強い日差しが照り付けるでしょう。なお、この土日も厳しい暑さが続き、東北南部では35度前後まで上がる予想です。引き続き、熱中症に警戒して下さい。

このあと夕方以降は東北北部で雨脚強まる

画像A

14日(金)は低気圧や前線が近づくため、夕方以降は天気が下り坂でしょう。秋田県を中心に活発な雨雲がかかる予想です。本降りの雨となる所もありますので、雨の降り方に注意して下さい。

あす15日(土) 天気の急変に注意!

画像B

あす15日(土)午前9時の予想天気図を見ると、北海道付近に低気圧があって、そこからのびる寒冷前線が東北地方を南下するでしょう。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定となりそうです。午前中は東北北部や日本海側を中心に、午後は宮城県や福島県でも雷を伴って、バケツをひっくり返したような激しい雨の降る所がありそうです。急な激しい雨や落雷、突風などに注意して下さい。

あさって16日(日) 太平洋側を中心に夏空広がる

画像C

あさって16日(日)は前線が北陸付近まで南下するでしょう。日本海側では雲が多めながらも、日中は日差しの届く所がありそうです。太平洋側は晴れる時間が長く、日中は強い日差しが照り付けるでしょう。ただ、午後は福島県の南部を中心に、にわか雨の可能性があります。空模様の変化に注意して下さい。

土日も厳しい暑さ 夜間でも熱中症に気を付けて!

画像D

この土日も東北地方は厳しい暑さとなるでしょう。日中は30度を超える所が多く、所によっては35度以上の猛暑日となりそうです。のどが渇く前に水分を補給したり、大量の汗をかいた時は塩分も忘れずに補給するようにしましょう。室内にいても熱中症にかかることがあります。適切に冷房を使用するなど、引き続き、熱中症対策はしっかりと行って下さい。また、日中だけではなく、夜も気温があまり下がりません。週末も寝苦しい夜となりそうですので、寝る前にコップ一杯程度の水を飲んだり、枕元に飲み物を置いておくなど、夜間でも熱中症に注意が必要です。