あすも「体温超えの暑さ」で予想最高気温40度近い所も。屋外での活動は危険なレベルです。暑さのピークは、来週にかけて続く予想ですので、万全な熱中症対策を心がけてください。

「厳しすぎる暑さ」 原因は?

14日の日中は、福岡や名古屋で今年1番の暑さになるなど、西日本や東日本を中心に、厳しすぎる暑さが続きました。
暑さの原因は、南にある「太平洋高気圧」です。この太平洋高気圧の勢力が強く、本州付近には暖かい空気が流れ込んだことによって、西日本や東日本では、13日夜から14日朝にかけても気温があまり下がらず、14日は早い時間から暑くなりました。さらに、14日の日中は、たっぷりの日差しが降り注いだことによって、気温がグングン押し上げられたのです。

15日も「体温以上の暑さ」続出 猛暑日地点は今年最多か

画像B

この暑さは、15日も続くでしょう。最高気温が35度以上の「猛暑日」地点数は、14日を超えて、今年最も多くなる可能性があります。東京都心でも15日は猛烈な暑さで、「猛暑日」になりそうです。
さらに、名古屋や岐阜、甲府では、最高気温が39度まで上がり、体温をはるかに超える暑さでしょう。
関東から西では、熱中症は「厳重警戒」を通り越して、一番上の「危険なレベル」です。こまめな水分補給はもちろん、大量に汗をかいたら塩分も補給しましょう。年配の方や幼いお子さんは、周りの方が特に気を配ってあげてください。部屋の中でも、無理は禁物です。適度に冷房や扇風機を使って、なるべく涼しくしてお過ごしください。
さらに、今年は、新型コロナウイルス対策を心がけながら、熱中症への対策も求められています。人との距離が2メートル以上取れる場合は、適宜、マスクを外して、できるだけ涼しい所で休憩してください。

「猛烈な暑さ」いつまで? ポイントは?

「猛烈な暑さ」はいつまでなのか、気になる方も大勢いらっしゃると思います。今がまさに「暑さのピーク」ですが、暑さのトンネルは、終わりが見えません。
この先の予報を見てみますと、来週にかけても、西日本や東日本では、最高気温が35度くらいまで上がる日が続くでしょう。気象庁が発表した、最新の「1か月予報」では、9月中旬にかけて、全国的に「高温が続く」と予想されています。
この先のポイントは「猛烈な暑さ」が「長く続く」ことです。暑さが長引くことによって、体に疲れが溜まりやすくなることが心配されます。さらに、関東から西では、来週にかけて、昼間だけでなく夜も暑いままで、熱帯夜(夜間の最低気温が25度以上)の所が多いでしょう。睡眠不足は、熱中症にかかりやすくなる原因の一つです。夜間の熱中症にも、十分お気を付けください。