九州北部・中国地方・北陸で春一番

九州北部・中国地方・北陸で春一番

気象庁は14日午後、九州北部と中国地方、北陸で春一番が吹いたと発表しました。

九州北部・中国地方・北陸で春一番

今日(14日)は前線を伴った低気圧が日本海を進んでいる影響で、九州北部や中国地方、北陸では南よりの風が強まり、気温が上昇しています。
主な都市の午後3時までの最大瞬間風速と最高気温は以下の通りです。
福岡市:12.0メートル(南南西) 14度0分
長崎市:13.4メートル(西南西) 14度7分
熊本市:12.4メートル(南西) 14度3分
下関市:12.7メートル(南南西) 14度7分
岡山市:11.4メートル(西南西) 11度4分
松江市:14.5メートル(南西) 11度9分
広島市:8.1メートル(北) 10度3分
福井市:6.5メートル(南南東) 7度3分
富山市:10.3メートル(南南東) 7度9分
金沢市:16.9メートル(南西) 8度9分
※春一番の条件は地域によって違いがあり、九州北部の条件は以下の通りです。
・立春から春分まで
・南よりの風 最大風速7メートル以上
・最高気温が前日より高くなる
※中国地方の春一番の条件は、以下の通りです。
・期間は立春から春分の間
・日本海で低気圧が発達する
・南よりの風が強く吹いて気温が高くなる
(なお、山陽側で強い風が吹かない場合でも、中国地方の春一番とすることがある)
※北陸の条件は、以下の通りです。
・立春から春分の間
・金沢・富山・福井のいずれかの気象台で最大風速10メートル以上、そのほかの気象台で最大風速6メートル以上の南よりの風が吹くこと
・最高気温が前日より高いかほぼ同じになること
・日本海に低気圧があること
夕方にかけても、強風や高波に十分な注意が必要です。


関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索