北海道や東北では、15日は局地的にカミナリを伴った激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。関東付近は、15日、16日の午後は、雨雲やカミナリ雲がかかるでしょう。

北海道や東北は大雨に警戒 関東付近では午後はにわか雨や雷雨

15日は、北日本付近を寒冷前線が通過する見込みです。北海道や東北を中心に大気の状態が非常に不安定になり、雨や雷雨があるでしょう。局地的に激しい雨が降り、大雨になる恐れがあります。15日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、東北地方120ミリ、北海道地方100ミリです。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。北陸にも発達した雨雲やカミナリ雲がかかるでしょう。関東から九州では、強い日差しが照りつけますが、関東では午後は北部の山沿いでわく雨雲が、平野部にも流れてきて、急な雨や雷雨がありそうです。
16日は、日本海から北陸付近に湿った空気が流れ込む見込みです。北陸は雨や雷雨でしょう。午後は、関東や東北南部にも雨雲やカミナリ雲がかかりそうです。
カミナリ雲の下では、竜巻などの突風が発生したりすることがあります。急に空が暗くなったり、冷たい風が吹いたりしたら、発達した雨雲が近づいているサインです。建物の中など、安全な場所に移動して下さい。

関東付近でも午後の急な雨や雷雨に注意が必要ではありますが、この雨は猛烈な暑さを一時的に和らげてくれるかもしれません。
ただ、太平洋高気圧の張り出しは、西日本付近を中心に強く、九州や四国、中国地方などでは、少なくとも19日頃までは、夕立はあっても山沿いに限られそうです。