南の海上を北上する台風12号。その北側に停滞する秋雨前線の雨雲が太平洋側の地域にかかり始めました。台風が近づく前から、西日本と東日本の太平洋側を中心に大雨になりそう。

台風12号 暴風域を伴い北上

画像A

台風12号はきょう(22日)正午現在、日本の南を1時間に15キロの速さで北上しています。中心気圧は980hPa、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルとなっています。台風は発達中で、正午には暴風域を伴う台風となりました。
今後台風12号は南の海上を北上し、あす23日(水)は進路をやや東よりに変えて、24日(木)の朝には東海道沖へ。25日(金)には温帯低気圧に変わり、三陸沖へ進む予想です。予報円の中心を進んだ場合、東海や関東に上陸するおそれもあります。
台風の北側には秋雨前線が停滞しているため、台風が近づく前から前線に伴う雨雲がかかり、近畿から関東の太平洋側を中心に大雨になるでしょう。

秋雨前線の雨雲 あすは広範囲に

画像B

きょう(22日)午後1時現在、四国や近畿南部、東海、関東南部の所々で秋雨前線に伴う雨雲がかかっていて、海上を中心に発達した雨雲が広がっています。きょうの未明には、愛知県伊良湖岬で1時間に16.5ミリの雨が観測され、ザーザー降りの雨となりました。
今後は台風の北上とともに秋雨前線が北上。あす23日(水)は太平洋側では激しい雨の降る所があるでしょう。雨の降る範囲は北に広がり、午後は山陰など日本海側でも雨の降りだす所がありそうです。また東よりの風も強まり、次第に近畿から関東の太平洋側を中心に大荒れの天気となるでしょう。風がぶつかる東側の斜面を中心に雨量が多くなり、あさって24日(木)にかけて降る雨の量は、東海の多い所では300ミリを超える大雨が予想されています。25日(金)にかけて、さらに雨量が増えるおそれがあります。
雨や風が強まる前に、家の周りにある飛ばされやすいものを片付ける、排水溝などの掃除をして水はけをよくするなど、台風への備えをして下さい。