夏コミってなに? 東京周辺のアニメ&コミックスポット【特集2017|首都圏】

夏コミってなに? 東京周辺のアニメ&コミックスポット【特集2017|首都圏】

日本のアニメーション産業は、今年で満100年! いまやクールジャパンの筆頭といえばアニメ&コミックとされるほど、海外でも高い評価を受けています。さて、日本アニメの世界観を楽しめるスポットは、もちろん秋葉原だけじゃありません! 今回は、夏休みの親子やカップルなど、マニア(オタク)でない方のお出かけにもおすすめの施設をご紹介します。話題の「夏コミ」に行ってみたいという方は、ぜひ注意点もチェックしてくださいね。

日本アニメをまるっと体験/杉並アニメーションミュージアム(東京都杉並区)

■杉並アニメーションミュージアム
アニメーション制作会社が多いことでも知られる杉並区につくられた、入場無料の施設です。日本アニメの歴史や制作の方法など、全体像をサクッと知ることができますよ。画面を見ながら効果音やセリフを入れるアフレコ体験のブースも! シアターでは貴重な昔のアニメ作品なども上映され、閲覧自由なライブラリーも完備。また、英語・中国語・韓国語の音声ガイドの貸し出しも無料です。コンパクトにまとまったフロアなので、お子さんからシニアの方まで、興味や時間の都合に合わせて楽しめます。ワークショップは、夏休みの自由研究にもぴったりですね。
●所在地: 東京都杉並区上荻3-29-5 杉並会館
●電話: 03-3396-1510
●営業時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
●休館日:月曜日(祝祭日の場合はその翌日)
●アクセス:JR中央線・東京メトロ丸ノ内線「荻窪駅」からバスで約5分「荻窪警察署前」下車 他
●入館料:無料(ワークショップなど一部有料の場合あり)
※施設詳細は公式サイトをご参照ください


小学生の夢は不滅です/藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県川崎市)

■藤子・F・不二雄ミュージアム
子ども時代、『ドラえもん』が読みたくて初めてまんが雑誌というものを買ったなぁ…そんな方もきっといらっしゃることでしょう。 『ドラえもん』『パーマン』『キテレツ大百科』など、さまざまな藤子作品のカラー原画を中心に、実際にまんがが読めるコーナーや、ここでしか見ることのできない映像を流すシアター、キャラクター達に出会える屋上の「はらっぱ(土管あり)」など、三世代で楽しめる施設です。F先生愛用の仕事机、門外不出の原画や貴重な資料など、ファン必見の展示も多数。現在『ドラえもん×コロコロコミック 40周年展』を開催中。まんがに夢中になったあの頃にタイムスリップしてみてはいかがでしょうか?
●所在地: 神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1
●電話: 0570-055-245(9:30〜18:00)
●開館時間:10:00〜18:30(時季によって閉館時間は異なります。日時指定による予約制)
●休館日:毎週火曜日・年末年始(公式サイト「ミュージアムカレンダー」をご参照ください)
●アクセス:小田急線およびJR南武線「登戸」駅よりシャトルバスを運行 他
●入館料:大人1000円 他(入館チケットはローソンのみで販売)
※企画展『ドラえもん×コロコロコミック 40周年展』は、2018年1月15日まで
※詳細は公式サイトをご参照ください

サツキとメイのリアルな世界へ/トトロの森(埼玉県所沢市)

■トトロの森
スタジオジブリ作品『となりのトトロ』の舞台のモデルのひとつになったといわれる、狭山丘陵の森です。あの、懐かしくも美しい日本の風景のなかに身を置いてみた〜い! そんな方におすすめ。ゆるやかな丘と谷が織りなす景色のなかに、多くの動植物が息づく「トトロの森」。狭山丘陵の保全に取り組む「トトロのふるさと基金」が、市民の寄付金を集めて土地を購入するナショナル・トラスト活動によって取得した森です。主人公のサツキとメイの心になって歩けば、築百年を超える古民家「クロスケの家」に、まっくろクロスケが出てきちゃうかも!? 鳥を観察したり、里山の体験を楽しんだり…この景色、ずっとここにあってほしいですね。
●所在地: 埼玉県所沢市上山口雑魚入351他
●電話: 04-2947-6047
●営業時間:「クロスケの家」一般公開は火・水・土(祝日除く)10:00〜15:00
●アクセス: 西武球場前駅徒歩15分 他
●入館料: 無料(トトロの森・狭山丘陵の里山環境を守るための資金をご支援ください。トトロの森基金への寄付、クロスケの家基金への寄付、一般寄付の3種類があります)
※詳細は公式サイトをご参照ください

進化するまんが図書館/明治大学 米沢嘉博記念図書館(東京都千代田区)

■明治大学 米沢嘉博(よしひろ)記念図書館
明治大学付属の、まんがとサブカルチャーの専門図書館です。まんが雑誌・単行本をはじめ、同人誌、サブカルチャー(SF・アニメ・映画・音楽等)雑誌・関連書など、日本の文化にとって貴重な資料がそろっています。じつはこちら、世界最大級となるまんが・アニメ・ゲームのアーカイブ施設「明治大学東京国際マンガミュージアム」(仮称)の 先行施設として開館されているもの。資料の整理が進むにつれて、日々パワーアップしているのです! たしか昔あの雑誌に載ってたはず…何だっけ!? というようなときにも頼れるって、嬉しいですよね。利用には会員登録が必要ですが、まずは「お試しコース」でのぞいてみては。デートコースのまったりタイムにもおすすめですよ。
●所在地: 東京都千代田区猿楽町1-7-1
●電話:03-3296-4554
●営業時間:月・金14:00〜20:00、土・日・祝12:00〜18:00
●休館日:火・水・木(祝日は開館)、臨時休館あり
●アクセス:JR御茶ノ水駅より徒歩7分 他
●入館料:お試しコース 300円 他
※詳細は公式サイトをご参照ください

関連記事

おすすめ情報

tenki.jpの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索