明日9月1日は「防災の日」です。自然災害などについての認識を深め、それらの災害に対処する心構えをするための日になります。
防災への意識を今一度見直すべく、昨年発生した平成30年7月豪雨(西日本豪雨)、そして発災から5年経った平成26年8月豪雨の被災地を訪ね、復興状況や被災住民たちの取り組みについて取材してきました。

平成30年7月豪雨 概要と被災状況

昨年、平成最大の豪雨災害と言われる、平成30年7月豪雨(西日本豪雨)が発生。1府10県に大雨特別警報が発表されました。
2018年6月28日から7月8日にかけて、梅雨前線や台風7号の影響で西日本を中心に広い範囲で記録的な大雨となりました。期間中の総降水量は、7月の月降水量平年値の2倍から4倍となった所もありました。
※詳しい気象解説はこちらでも解説しています。
https://tenki.jp/suppl/kazukoyasuno/2018/07/12/28273.html
この大雨により、広域的かつ同時多発的に水害や土砂災害が発生しました。
死者224名、行方不明者8名にのぼり、家屋の全半壊など21553棟、家屋浸水30480棟と、極めて甚大な被害が広範囲に及びました。
(平成30年11月6日現在、平成30年度消防白書より)

2018年6月28日から7月8日までの11日間累積雨量分布図
2018年6月28日から7月8日までの11日間累積雨量分布図


浸水被害で死者51名 岡山県倉敷市真備町

平成30年7月豪雨の被害の1つに浸水害があります。今回は、広範囲で浸水害が発生した岡山県倉敷市真備町を訪ねました。
当時、真備町の南部を流れる小田川と東側を流れる高梁川の上流の地域で、大量の雨が降ったことにより川の堤防が決壊。氾濫した川の水が市街地へ流れ込み、51名の犠牲者が出るなど、甚大な被害を受けました。
取材した日は、決壊した堤防の復旧作業の真っ最中でした。
現在、真備町では「真備緊急治水対策プロジェクト」として、重点的な堤防のかさ上げや強化などの工事が行われたりするハード対策や、国や岡山県、倉敷市が連携して防災への意識改革を行ったりするソフト対策など、今回のような水害が今後発生しないようにするための取り組みが進められています。

岡山県倉敷市真備町 小田川被災箇所のようす
岡山県倉敷市真備町 小田川被災箇所のようす

街中に目を向けると、まだまだ被害の爪痕が残っていました。傾いている家があるほか、外観は問題なさそうに見えても、よく見ると1階の窓が開いていて家具などが全く無く、ガラガラになっている家も数多くあります。
現地の方によると、3〜4割の住民が元の住居に戻っているものの、残りの方々は未だ町外や仮設住宅での生活が続いているそうです。

岡山県倉敷市真備町 市街地のようす
岡山県倉敷市真備町 市街地のようす

上の図は、平成30年7月豪雨での真備町の浸水状況を表しています。青く塗られたエリアが、浸水被害にあった範囲です。
実は、この浸水エリア、平成30年7月豪雨の前から公開されていた真備町の洪水ハザードマップの浸水想定区域とほぼ一致していました。
実際に被害にあった住民の方々が、ハザードマップをどこまで把握していたかはわかりません。ただ、平時から自分の生活している地域の防災情報をしっかり把握しておく事がどれだけ大切であるのか、改めて思い知らされました。

平成30年7月豪雨による倉敷市真備町周辺浸水推定段彩図 出典:国土地理院
平成30年7月豪雨による倉敷市真備町周辺浸水推定段彩図 出典:国土地理院

指定避難所だった中学校にまで土石流が流入 広島県呉市

平成30年7月豪雨の被害のもう1つ特徴に、多数の地点での土砂災害発生があります。
土砂災害が発生した地域として、今回は広島県を訪ねました。
広島県では、平成30年7月豪雨の影響で、県内20市町で1242か所もの土砂災害が発生しました。全国で1年間に発生する土砂災害の平均が1015件ですので、広島県だけで全国の年間発生件数を上回る土砂災害が発生したことになります。
なお、他県を含めた平成30年7月豪雨全体で発生した土砂災害は2581件。この数字を見るだけでも、平成30年7月豪雨がどれだけ甚大な災害であったのか、改めて痛感します。

広島県呉市では、平成30年7月豪雨によって土石流が発生した、背戸の川の周辺や天応中学校のようすを見てきました。
天応中学校では、学校のグラウンドに面している山が崩れて土砂災害が発生。グラウンドや周辺道路へも土石流が流入し、大きな被害を受けました。
この天応中学校は元々、土砂災害や津波災害などの避難場所に指定されていました。校舎の中まではそれほど大きな被害が無かったものの、避難場所ギリギリまで大量の土砂が流れてきたそうです。
現在、天応中学校の裏山は、ワイヤーネットの設置や落石防止対策などの応急対策が完了し、今年の3月末より砂防堰堤工事が実施されています。
また、天応中学校の生徒は、下流にある天応小学校に拠点を移し、授業を受けるなどの学校生活を送っています。

広島県呉市 天応中学校のようす (砂防工事の行われている現場のすぐ向かいに中学校があります)
広島県呉市 天応中学校のようす (砂防工事の行われている現場のすぐ向かいに中学校があります)