2月も中旬になると梅や菜の花の便りが聞こえますが、北海道は冬本番。全道各地でまだまだ冬のイベントが催されています。今年は暖冬とはいえ、2月の北海道は最高気温が氷点下になることもしばしば。ぜひ暖かい服装で北海道の冬をお楽しみください。

千歳・支笏湖「氷濤まつり」/昼は支笏湖ブルー、夜はライトアップ

支笏湖は不純物が少ないため、湖水の青さは「支笏湖ブルー」とよばれ、晴れている時は湖の底が見えてしまうほどの透明度です。
「氷濤(ひょうとう)まつり」に並ぶ氷のオブジェは、この透明度が高い支笏湖の湖水が使われています。11月から骨組みを作り網をかけ、そこにスプリンクラーで湖水を吹きつけることによって、幻想的なオブジェが作られます。そのため、その年の気象条件で形が微妙に変わり、それもまた楽しみの一つです。
オブジェの色は、昼は太陽に照らされて神秘的な支笏湖ブルー(ナチュラルブルー)に輝き、暗くなるとライトアップされ、一気に色とりどりの幻想的な世界に変わります。会場内には氷のオブジェのほか、氷でできた「アイススライダー」や、子ども用のスケートリンク「チャイルドリンク」(靴のまま滑るリンク)が設置されます。また、まつりオリジナルの氷濤飴をはじめ、豚汁や甘酒など温かい食べ物や飲み物も販売されます。夜になると花火が打ち上げられるほか、氷濤ウェディングなどもあり、楽しいイベントが盛りだくさんです。
<主なイベント>
・冬の支笏湖花火の世界/美しい花火が打ち上げられます。
・氷濤ダイナミックナイト/力強い和太鼓がダイナミックに演奏されます。
・氷濤アイスカット大会/氷切りのゲーム大会。素敵な景品が当たります。
・フラワープレゼント/各地のフラワー友好都市から花がプレゼントされます。
2020千歳・支笏湖 氷濤まつり
◆期間/2月16日(日)まで
◆時間/9:00〜22:00(ライトアップは16:30から)
※花火は15日・16日18:30から
◆会場/千歳市支笏湖温泉
◆問い合わせ/0123-23-8288(支笏湖まつり実行委員会)
公式サイト
道央のお出かけスポット天気


然別湖「しかりべつ湖コタン」/湖上に氷の村が出現!? 風呂やバーも!!

然別湖(しかりべつこ)は、北海道の中央にある大雪山国立公園の南端に位置します。標高804m。透明度が高く、ミヤベイワナが生息しているのは世界でこの湖だけです。
「しかりべつ湖コタン」は、今から39年前に始まりました。湖の氷を切り出したり雪を固めたりして作ったアイスブロックを積み上げたイグルーが、氷結した湖上に建ち並び、一つの「村」ができあがります。
イグルーはカフェバー、露天風呂、足湯、チャペル、コンサートホール、ロッジなどがあり、すべて氷でできています。また、氷のグラス作りやクロスカントリースキーツアーなどのアクティビティも充実しています。
<主なアクティビティ>
・氷のグラス作り/10:00〜16:00。四角い氷をノミで削り、オリジナルのグラスを作ります。
・氷の彫刻作り/10:00〜15:00(要予約)。20×20×30の氷を削って彫刻。
・スノーモービル/9:00〜16:00。氷結した湖上の一周1kmのコースを豪快に走ります。
・森の散歩/スノーシューを履いてネイチャーガイドと散策します。
・クロスカントリースキー/往復90分のショートコースと、往復180分の東雲湖コース(往復約6km)です。
・ナイトウォッチング/19:30から。然別湖に広がる冬の夜空をお楽しみください。
・アイスロッジ体験宿泊パック/外の気温が−30℃でも、ロッジの中は−5℃。極寒地用のシュラフで眠ります。
しかりべつ湖コタン
◆期間/3月22日(日)まで
◆会場/河東郡鹿追町北瓜幕無番地
◆問い合わせ/0156-69-8181(然別湖コタン実行委員会)
公式サイト
道東のお出かけスポット天気

阿寒湖「氷上フェスティバルICE・愛す・阿寒 冬華美」/氷上に冬の花火

−20℃。しんとした阿寒の夜空に、期間中は毎日花火が打ち上がります。名づけて「冬華美」。冬は空気が乾燥し、空中のチリなどが霜となって落ちるので、空気が澄み、夏よりもいっそう花火が美しく見えます。昼間はスノーモービルやバナナボートで凍結した阿寒湖を巡ったり、わかさぎ釣りも体験できます。
会場では氷上ミニゲームコーナーが開催されるほか、わかさぎの天ぷらや、甘酒・ホットミルクなどのホットドリンクなどが販売されます。イベント終了後、20:10から花火が打ち上がります。
氷上フェスティバルICE・愛す・阿寒 冬華美
◆期間/3月2日(月)まで
◆時間/19:30〜(花火の打ち上げは20:10〜)
◆会場/阿寒湖温泉、阿寒湖氷上特設会場
◆問い合わせ/0154-67-3200(阿寒観光協会まちづくり推進機構)
公式サイト
道東のお出かけスポット天気

「層雲峡温泉氷瀑(ひょうばく)まつり」/今年のテーマは「銀河系」

「層雲峡温泉氷瀑まつり」は今年で第45回を迎えます。会場に並ぶダイナミックな氷瀑は、滝から落ちる水が寒さで凍ったもので、その年の気象状況により形が変わるのもまた魅力です。今年のメイン氷像のテーマは「銀河系」。宇宙ステーションをイメージした氷像の中はトンネル状になっていて、つららが水晶のように見えます。夜になるとあたり一面ライトアップされ、より幻想的になります。
会場には酒場やステージをはじめ、さまざまなイベントも開催されています。
<主なイベント>
・北の氷酒場/土日祝日のみ営業。限定酒の飲み比べもできます。限定販売の酒粕ココアはお子さんもOK。
・極寒証明書/入口で写真を撮ってもらい「極寒証明書」をゲットできます。
・氷瀑神社/氷で作る神玉(かみたま)が鎮座しています。
・ステージ/太鼓演奏やアイヌ民族舞踊、抽選会や餅まきなどのイベントが開催されます。
・アイスクライミング/凍った氷壁をアイスアックスなどの道具を使って登ります。
・氷の滑り台/ゴムチューブで爽快に滑ります。
層雲峡温泉 氷瀑まつり2020
◆期間/3月15日(日)まで
◆時間/13:30〜21:30
◆場所/上川郡上川町層雲峡(特設会場)
◆問い合わせ/01658-5-3350(層雲峡観光協会)
公式サイト
道北のお出かけスポット天気
<注意事項>
■写真はイメージです
■イベントの詳細は、お出かけ前に公式サイトなどで最新の情報をご確認ください