フェデラー トップ3返り咲き


トップ3へ返り咲いたフェデラー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの7月17日付ATP世界ランキングが発表され、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で史上最多8度目の優勝を飾ったR・フェデラー(スイス)は、前回から1,280ポイント加算されて2つ上げ、3位へ浮上。約11カ月ぶりのトップ3返り咲きを果たした。

ウィンブルドンでフェデラーは圧倒的な強さを見せ、決勝では第7シードのM・チリッチ(クロアチア)を下し、自身の四大大会優勝記録を19勝に更新した。

昨年はウィンブルドン後、怪我で全大会を欠場した影響で一時は17位まで落ちた。しかし、今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で7年ぶりの優勝。さらにマスターズ2大会連続でタイトル獲得、前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)や今大会で頂点に立ち、完全復活を遂げている。

その他のトップ10ではD・ティーム(オーストリア)、錦織圭、G・ディミトロフ(ブルガリア)が前回から1つ上げた。昨年に準優勝を飾ったラオニッチは840ポイント失い、2つ下げて9位へ後退した。

7月17日付の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…A・マレー(英国)
7,750ポイント(9,390ポイント)

■2位[ - ]…R・ナダル(スペイン)
7,465ポイント(7,285ポイント)

■3位[ +2 ]…R・フェデラー
6,545ポイント(5,265ポイント)

■4位[ - ]…N・ジョコビッチ(セルビア)
6,325ポイント(6,055ポイント)

■5位[ - ]…S・ワウリンカ(スイス)
6,140ポイント(6,175ポイント)

■6位[ - ]…M・チリッチ
5,075ポイント(4,235ポイント)

■7位[ +1 ]…D・ティーム
4,030ポイント(3,895ポイント)

■8位[ +1 ]…錦織圭
3,740ポイント(3,830ポイント)

■9位[ -2 ]…M・ラオニッチ(カナダ)
3,310ポイント(4,150ポイント)

■10位[ +1 ]…G・ディミトロフ
3,160ポイント(3,070ポイント)





関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索