相生学院 大成下し4強一番乗り


相生学院の菊地裕太
画像提供:tennis365.net

高校日本一の座を決めるインターハイ(平成29年度全国高等学校総合体育大会)は3日、男子団体準々決勝が行われ、2連覇を狙う第1シードの相生学院(兵庫)が大成(東京)を2-0で下し、ベスト4進出一番乗りを果たした。

>>インターハイ団体戦組み合わせ<<

この試合、個人戦ダブルスで第2シードの山中瑠樹亜/名越大地組が武藤洸希/佐藤壮人組にストレートで勝利。準々決勝まで1ゲームも失っていなかった菊地裕太は、田形諒平とのエース対決をものにして勝利を手にした。

準決勝では、清風(大阪)と大分舞鶴(大分)の勝者と対戦する。

ディフェンディングチャンピオンの相生学院は、3月の全国選抜高校テニス大会でも優勝を飾っており、インターハイ2連覇と春夏連続の日本一を狙う。



大成の田形諒平


【相生学院 2-0 大成】

[シングルス1]
菊地裕太 6-3、6-4 田形諒平

[シングルス2]
阿多竜也 打ち切り 坂野唯

[ダブルス]
山中瑠樹亜/ 名越大地 6-2, 6-2 武藤 洸希/ 佐藤 壮人

団体戦は、各校5名を選手登録し、ダブルス1試合とシングルス2試合の計3試合で争われ、2勝した高校の勝利となる。なお、1度の対戦でダブルスとシングルスに重複して出場することは出来ない。

また1〜3回戦は8ゲームズプロセット、以降は3セットマッチで各試合が行われる。

昨年のインターハイ団体戦では、男子が相生学院、女子は野田学園(山口)が優勝。個人戦では、男子シングルスは野口莉央(神奈川/湘南工科大付)、女子シングルスでは細木咲良(島根/開星)、男子ダブルスは大島立暉/ 菊池裕太(兵庫/相生学院)、女子ダブルスは下地奈緒/ 我那覇真子(沖縄/沖縄尚学)が日本一に輝いた。





関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索