手術ワウリンカ「難しい決断」


年内全大会欠場のワウリンカ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスで世界ランク4位のS・ワウリンカ(スイス)は4日に自身のフェイスブックで「悲しいお知らせをしなければならない。チームとドクターと話し合った結果、膝の手術を受けるという難しい決断に至った。今後、何年もトップレベルでプレーをするためには、これ(手術)が唯一の解決方法だった」と明かした。

>>錦織らロジャーズ杯 対戦表<<

>>錦織vsズベレフ 1ポイント速報<<

>>錦織らシティOP対戦表<<

「自分はすでに前を向き、復帰への計画を立てている。テニスというスポーツが大好きで、トップレベルへ戻れるように一生懸命努力をする。この場を借りて、多くの応援メッセージを送ってくれたファンの方々へ感謝の気持ちを伝える機会にしたい。皆さん、2018年に会いましょう」

2017年の残り全大会欠場を余儀なくされた32歳のワウリンカは、これまでの四大大会で3度優勝、今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では準優勝を飾った。しかし、その後の2大会では初戦で敗退していた。

また、7月末に世界ランク5位のN・ジョコビッチ(セルビア)もワウリンカと同様に、右肘の負傷により長期休養を発表している。





関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索