逆転優勝 2時間超え接戦制す


逆転優勝を飾ったマカロバ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、WTAインターナショナル)は6日、シングルス決勝戦が行われ、第7シードのE・マカロバ(ロシア)が第4シードのJ・ゴルゲス(ドイツ)を3-6, 7-6 (7-2), 6-0の逆転で破って今季初優勝、キャリア通算3勝目をあげた。

>>錦織らロジャーズ杯 対戦表<<

>>錦織 ロジャーズ初戦1ポイント速報<<

この日、1度もブレーク出来ずに第1セットを落としたマカロバだったが、続く第2セットをタイブレークの末に取り返すと流れがマカロバに傾き、ファイナルセットではゴルゲスに1ゲームも与えない試合を展開し、2時間10分で勝利を手にした。

29歳のマカロバは今大会、1回戦でJ・ローブ(アメリカ)、2回戦でM・プイグ(プエルトリコ)、準々決勝で第1シードのS・ハレプ(ルーマニア)、準決勝で第5シードのO・ドダン(フランス)を破って決勝へ駒を進めていた。

今後は、7日開幕のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTAプレミア5)に出場予定。1回戦ではペン・シュアイ(中国)と対戦する。





関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索