プイユ 2大会連続初戦敗退


初戦敗退のプイユ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は7日、シングルス1回戦が行われ、第13シードのL・プイユ(フランス)は世界ランク66位のJ・ドナルドソン(アメリカ)に6-7 (5-7), 6-7 (8-10)のストレートで敗れ、2年連続の2回戦進出とはならなかった。

>>錦織らロジャーズ杯 対戦表<<

>>錦織 ロジャーズ初戦1ポイント速報<<

この日、9本のダブルフォルトを犯したプイユは、第1・2セット共にタイブレークをものにすることが出来ず、1時間58分で敗れた。

前週行われたシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)に続き、2大会連続の初戦敗退となった。

23歳のプイユは今季、ガスプロム・ハンガリアン・オープン(ハンガリー/ブダペスト、レッドクレー、ATP250)とメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)でタイトルを獲得。現在、世界ランク18位に位置している。

一方、勝利したドナルドソンは2回戦で、世界ランク41位のB・ペール(フランス)と対戦する。ペールは、1回戦で同61位のD・ヤング(アメリカ)を6-3, 5-7, 6-4のフルセットで下しての勝ち上がり。





関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索