杉田祐一 マスターズ初8強へ


マスターズ初8強の杉田祐一
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は17日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク46位の杉田祐一が同32位のK・カチャノフ(ロシア)を6-7 (0-7), 6-3, 6-3の逆転で破り、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」で初のベスト8進出を果たした。

>>杉田vsディミトロフ 1ポイント速報<<

>>杉田らW&Sオープン対戦表<<

この日、杉田は第11ゲームで0-40と3本のブレークチャンスを握ったが、カチャノフに5ポイントを連取された。続く第12ゲームでは2本のセットポイントをしのいでタイブレークへ持ち込んだが、1ポイントも取れずに第1セットを落とす。

第2セットに入ると息を吹き返して序盤で3ゲームを連取すると、その後もリードを守りセットカウント1−1に追いつく。

ファイナルセットでは勢いに乗った杉田が第1ゲームでカチャノフのサービスゲームをブレークすると主導権を握り、2時間を超える戦いに終止符を打った。

準々決勝では、第7シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。ディミトロフは3回戦で元世界ランク4位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を下しての勝ち上がり。

今大会は初戦で第13シードのJ・ソック(アメリカ)を破る番狂わせを起こした28歳の杉田は、前日の2回戦で元世界ランク28位のJ・ソウサ(ポルトガル)を下していた。

今年は7月のアンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)でツアー初優勝を飾り、日本男子で松岡修造、錦織圭に次ぐ史上3人目の快挙を成し遂げた。世界ランキングでは松岡の46位を抜いて自己最高の43位を記録するなどの活躍を見せている。

また、今大会に第5シードで出場予定だった錦織は練習中に右手首を負傷。その後、28日から開幕の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を含む年内の残り全大会を欠場し、休養へ入ると発表した。

さらに世界ランク1位のA・マレー(英国)、同3位のR・フェデラー(スイス)、同4位のS・ワウリンカ(スイス)、同5位のN・ジョコビッチ(セルビア)、同6位で昨年覇者のM・チリッチ(クロアチア)、同10位のM・ラオニッチ(カナダ)も今大会を欠場している。





関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索