フェデラー 逆転負けで決勝逃す


準決勝敗退となったフェデラー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの最終戦であるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は大会7日目の18日、シングルス準決勝が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)は第7シードのD・ゴファン(ベルギー)に6-2, 3-6, 4-6の逆転で敗れ、2年ぶり11度目の決勝進出とはならなかった。

>>ATP最終戦 組み合わせ表<<

>>ディミトロフvsソック 1ポイント速報<<

この試合、フェデラーは長いデュースが続いた第1ゲームでブレークに成功。バックハンドのダウン・ザ・ラインを決めるなどで試合を優位に運び、第5ゲームでもブレークして第1セットを先取する。

しかし、フェデラーはゴファンの反撃を許して第2セットを落とすと、ファイナルセットでもミスが先行し、第3ゲームで先にブレークを許してしまう。その後もゴファンの勢いを止めることができず、逆転負けとなった。

36歳のフェデラーは今季、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)やウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)をはじめとする7大会でタイトルを獲得。ATPファイナルズには2年ぶり15度目の出場だった。

今大会の予選ラウンドロビンは、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第5シードのM・チリッチ(クロアチア)、第8シードのJ・ソック(アメリカ)を破り、3戦全勝で1位通過を決めていた。

一方、勝利したゴファンは補欠から繰り上がりで出場した昨年に続き、ATPファイナルズに2年連続の出場。予選ラウンドロビンでは、第6シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)に敗れたものの、第1シードのR・ナダル(スペイン)と第4シードのD・ティーム(オーストリア)を下し、2位通過で初の準決勝進出を果たしていた。

決勝では、ディミトロフとソックの勝者と対戦する。

今大会のシングルスはグループ・ピート サンプラスとグループ・ボリス ベッカーに分かれ、各グループの4選手が総当り戦を行う。各グループの上位2名が決勝トーナメントへ進出し、1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。

獲得ポイントは予選ラウンドロビンで1勝する毎に200ポイント、決勝進出で400ポイント、優勝すると500ポイント、最大で1,500ポイントを獲得する

【グループ・ピート サンプラス】
(1)R・ナダル 0勝1敗
(4)D・ティーム 1勝2敗
(6)G・ディミトロフ 2勝0敗
(7)D・ゴファン 2勝1敗
(補)P・カレノ=ブスタ(スペイン) 0勝1敗

【グループ・ボリス ベッカー】
(2)R・フェデラー 3勝0敗
(3)A・ズベレフ 1勝2敗
(5)M・チリッチ 0勝3敗
(8)J・ソック 2勝1敗





関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索