ジョコ TOP10返り咲き


トップ10へ返り咲いたジョコビッチ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの7月16日付ATP世界ランキングが発表され、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で3年ぶり4度目の優勝を果たしたN・ジョコビッチ(セルビア)は前回から1,640ポイント加算。11上げて10位へ浮上し、昨年10月末以来 約8カ月ぶりにトップ10へ返り咲いた。

右肘のけがから復帰後は早期敗退が続いていたジョコビッチだったが、ウィンブルドンでは完全復活を印象付ける優勝を飾った。

決勝でジョコビッチに敗れるも準優勝のK・アンダーソン(南アフリカ)は前回から3つ上げ、自己最高の5位を記録した。

7月16日付の男子ATP世界ランキング トップ10は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…R・ナダル(スペイン)
9,310ポイント(8,770ポイント)

■2位[ - ]…R・フェデラー(スイス)
7,080ポイント(8,720ポイント)

■3位[ - ]…A・ズベレフ(ドイツ)
5,665ポイント(5,755ポイント)

■4位[ - ]…J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)
5,395ポイント(5,080ポイント)

■5位[ +3 ]…K・アンダーソン
4,655ポイント(3,635ポイント)

■6位[ - ]…G・ディミトロフ(ブルガリア)
4,610ポイント(4,870ポイント)

■7位[ -2 ]…M・チリッチ(クロアチア)
3,905ポイント(5,060ポイント)

■8位[ +2 ]…J・イズナー(アメリカ)
3,720ポイント(3,070ポイント)

■9位[ -2 ]…D・ティーム(オーストリア)
3,665ポイント(3,835ポイント)

■10位[ +11 ]…N・ジョコビッチ
3,355ポイント(1,715ポイント)

■詳細・放送スケジュールはこちら>






関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索