フェデラー不満「全く好きではない」


準決勝で敗れたロジャー・フェデラー
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの最終戦 Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、シングルス準決勝が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)は第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)に5-7, 6-7 (5-7)のストレートで敗れ、2015年以来3年ぶり11度目の決勝進出とはならなかった。

>>ジョコvsズベレフ 1ポイント速報<<

>>ファイナルズ組み合わせ表<<

この日、フェデラーは第1セットを落とすと、第2セットはタイブレークへ突入。そのタイブレークで両者が打ち合う中、ボールボーイはボールを落としてしまう。

それに対し、ズベレフはラリーを止めて主審にリプレイを要求。

フェデラーも主審へ詰め寄るなどで、観客からはブーイングが起きた。

1時間35分で敗れたフェデラーは会見で「このようなことは起きるもの。ブーイングは全く好きではない。他のスポーツでも頻繁に見られるがテニスではマレ。だからそれが起きると、とても個人的なものでとてもまっすぐ受け止めている。あれが起きたのは不運だった」

「素晴らしい試合とここまでの素晴らしい大会を祝福したい。決勝戦も頑張って欲しい。彼(ズベレフ)は謝るべきではないし、それについて彼は何もしていない。もしこのようなことが起きた時のためのルールがある。明らかにそれはもう一度プレーをやり直すこと」

「主審はあの瞬間、より説明すべきだったか?ルールはルール。プレーをやり直すことだ」

一方、勝利したズベレフは決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは準決勝で第4シードのK・アンダーソン(南アフリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ・グーガ・クエルテン】
(1)N・ジョコビッチ 3勝0敗
(3)A・ズベレフ 2勝1敗
(5)M・チリッチ(クロアチア) 1勝2敗
(8)J・イズナー(アメリカ) 0勝3敗

【グループ・レイトン・ヒューイット】
(2)R・フェデラー 2勝1敗
(4)K・アンダーソン 2勝1敗
(6)D・ティーム(オーストリア) 1勝2敗
(7)錦織圭 1勝2敗

現在開催中の男子テニスATPワールドツアー「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」をWOWOWメンバーズオンデマンドにて配信!

【配信予定】
11月11日(日)〜11月18日(日) 
■詳細・配信スケジュールはこちら>







関連ニュース

・「圭は素晴らしい」とズベレフ
・錦織 驚異のズベレフに太鼓判
・錦織「やっぱちっちぇーな」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報


関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索