シャラポワ「チャンスあった」


(左から)シャラポワとバーティ
画像提供:ゲッティ イメージズ

全豪">テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は20日、女子シングルス4回戦が行われ、第30シードのM・シャラポワ(ロシア)は第15シードのA・バーティ(オーストラリア)に6-4, 1-6, 4-6の逆転で敗れ、2016年以来3年ぶり9度目のベスト8進出とはならなかった。

>>錦織vsカレノ=ブスタ 1ポイント速報<<

>>錦織ら全豪OP対戦表<<

シャラポワは第1セットを先取するも第2セットを落とすと、ファイナルセットでは地元のバーティに2度のブレークを許し、2時間22分で力尽きた。

試合後の会見では「(バーティは)とても対戦しづらいプレースタイル。彼女は本当に素晴らしい試合をしたと思った。自分にもチャンスはあったけど、取りきれなかった。何ゲームも続けてレベルが下がった場面があり、彼女に自信を与えてしまった」と肩を落とした。

敗れはしたものの、3回戦では昨年の全豪オープン女王である第3シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)を破っていた。

シャラポワは「数日前に素晴らしい試合をした。あの試合は負けていたかもしれないけど、負けなかった。勝ち残れた」と手応えを得ていた。

「今日は勝てるチャンスがあったけど、彼女(バーティ)が最後のポイントを取ったし、彼女の方がいい選手だった。それがテニスというスポーツ。どの試合も勝者は1人。素晴らしい瞬間もあり、残念な瞬間もある。例え負けても自分のパフォーマンスに満足しなければ、自分を戦い続けさせて、次には勝つ道を探すために奮起させるのは難しい」

一方、勝利したバーティは、準々決勝で第8シードのP・クヴィトバ(チェコ)と対戦する。クヴィトバは4回戦で世界ランク87位のA・アニシモワ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。
同日の4回戦では2016年覇者で第2シードのA・ケルバー(ドイツ)が世界ランク35位のD・コリンズにストレートで敗れた。

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】
2019年1月14日(月・祝)〜27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>


【全豪オープン公式タオル発売】


関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索