フェデラー撃破「純粋に幸せ」


ベスト8進出を果たしたステファノス・チチパス
画像提供:ゲッティ イメージズ

全豪">テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は20日、男子シングルス4回戦が行われ、第14シードのS・チチパス(ギリシャ)が3連覇と7度目の優勝を狙っていた第3シードのR・フェデラー(スイス)を6-7 (11-13), 7-6 (7-3), 7-5, 7-6 (7-5)の逆転で破り、四大大会初のベスト8進出を果たした。試合後の会見では「強い気持ちを持ち続け、子どもの頃からのアイドルを倒した。アイドルが今日ライバルに変わった」と語った。

>>錦織vsカレノ=ブスタ 1ポイント速報<<

>>錦織ら全豪OP対戦表<<

「うれしい。純粋に幸せ。とても感情的な瞬間だった。これは何か大きなものの始まりのようだった。楽しさもあった。幸せも感じた。肩の荷が下りたような大きな安堵感も感じた。あの瞬間は今後絶対に忘れないだろう。今日のマッチポイントは、これからの人生でずっとずっと心に残るものになるだろう」

20歳のチチパスはフェデラーに握られた12本のブレークチャンスをしのぎ、第3セットの第12ゲームでこの日初のブレークに成功してセットカウント2−1と勝利へ王手をかける。第4セットに入っても四大大会歴代最多20勝を誇る37歳のフェデラーに対して勝利への執念を貫き、3時間45分で勝利を手にした。

「彼(フェデラー)のハイライトをいくつか見た。YouTubeで。よくそれを見ながら分析していた。グランドスラムで彼を倒した試合の選手のハイライト。それはR・ナダル(スペイン)やN・ジョコビッチ(セルビア)ではなく、過去の全米オープンで彼を倒した他の選手のもの。自分のプレースタイルにとても似ている。どの選手かは言わないけど、数年前に彼を全米オープンで倒した選手。彼の戦い方は、いいお手本になった。今日はそれが役に立ったのは確かなこと」

「サービスがよかった。例えファーストサービスが入らなくても、セカンドサービスからもポイントを有利に始められた。彼のリターンでも最初から攻撃的になれたと思う。何とかミスをせずにいられたし、辛抱もできたし、彼にプレーをさせることもできた。そして彼からミスを引き出せた。ブレークポイントをセーブできた。とても精神的な戦いだった」

「ある瞬間は折れそうになったけど、そうはならなかった。なぜなら、そのポイントがどうしても欲しかったから。それをコートで示すことができた。明らかに、そして確実に精神的なタフさが大きく役立った。そのプレッシャーに負けていたら、全く違う試合になっていただろう」

準々決勝では、第22シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)と対戦する。バウティスタ=アグは4回戦で第6シードのM・チリッチ(クロアチア)をフルセットで下しての勝ち上がり。

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】
2019年1月14日(月・祝)〜27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>


【全豪オープン公式タオル発売】


関連ニュースをもっと見る

関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索