錦織 5時間の死闘「びっくり」


5時間5分の死闘を制した錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

全豪">テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は21日、男子シングルス4回戦が行われ、第8シードの錦織圭が第23シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)を6-7 (8-10), 4-6, 7-6 (7-4), 6-4, 7-6 (10-8)の大逆転で破り、辛くも2016年以来3年ぶり4度目のベスト8進出を果たした。

>>錦織vsジョコ 1ポイント速報<<

>>錦織ら全豪OP対戦表<<

5時間5分の死闘を制した錦織は、試合後の会見で「今日は集中しすぎていて、終わった時に5時間と聞いて、ちょっとびっくりがあった」とコメントした。

この日、錦織は第1・第2セットを落とし、第3セットもカレノ=ブスタに先にブレークを許した。しかし、タイブレークの末にセットカウント1−2にすると、第4セットも取り、ファイナルセットへ。第10ゲームではサービング・フォー・ザ・マッチを迎えたが、このチャンスを逃した。

その後、10ポイント先取のタイブレークでは5−8から5ポイント連取の猛攻で勝利。マッチポイントではサービスエースで締めくくった。

「あれ(サービスエース)で終われるのは1番気持ちよかったです」

今大会3度目のフルセットマッチを強いられた錦織だったが「本当にタフになったというのは感じます。最後まで集中力を切らさずにできた。(ファイナルセットのタイブレークは)5−8だったので、よく耐えたなと。5−4(ファイナルセットの第10ゲーム)のサービスゲームは落とすかもと思っていたので、気持ちを切り替えて最後までプレーできました」と手応えを得ていた。

準々決勝では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは4回戦で第15シードのD・メドヴェデフ(ロシア)を下しての勝ち上がり。

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】
2019年1月14日(月・祝)〜27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>


【全豪オープン公式タオル発売】


関連ニュースをもっと見る

関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索