錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪


パブロ・カレノ=ブスタ
画像提供:ゲッティ イメージズ

全豪">テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は21日、男子シングルス4回戦が行われ、第23シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)は第8シードの錦織圭に7-6 (10-8), 6-4, 6-7 (4-7), 4-6, 6-7 (8-10)の大逆転で敗れ、惜しくもベスト8進出とはならなかった。

>>錦織vsジョコ 1ポイント速報<<

>>錦織ら全豪OP対戦表<<

この日、カレノ=ブスタは錦織から第1・第2セットを連取。第3セットも先にブレークする好スタートを切ったが、第3・第4セットを続けて落とすと、ファイナルセットへ突入。

第10ゲーム、錦織のサービング・フォー・ザ・マッチで土壇場のブレークバックに成功し、10ポイント先取のタイブレークでは8−5とリードした。

続くポイントではカレノ=ブスタが放ったパッシングショットを線審はアウトの判定。そのボールを錦織は返球していた。

これでカレノ=ブスタはチャレンジを要求し、判定はイン。しかし、ポイントは錦織へいったため主審へ猛抗議。その後も判定は覆らず、最終的に5ポイントを連続で落としたカレノ=ブスタは、5時間5分の死闘の末に敗戦を喫した。

怒りがおさまらないカレノ=ブスタは主審と握手せず、ラケットバッグを投げて怒りをあらわにし、コートを後にした。会場からはブーイングが起きた。

試合後の会見でカレノ=ブスタは涙ながらに「とても悲しい。5時間の戦いの後で、あのようにコートを去ったのは正しくなかった。ごめんなさい、あれは僕ではない」と試合後の振る舞いについて謝罪した。

一方、勝利した錦織は準々決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】
2019年1月14日(月・祝)〜27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>


【全豪オープン公式タオル発売】


関連ニュースをもっと見る

関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索