錦織の棄権 ジョコ「気の毒」


(手前から)ジョコビッチと錦織
画像提供:ゲッティ イメージズ

全豪">テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は23日、男子シングルス準々決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は6-1, 4-1とリードした時点で第8シードの錦織圭の途中棄権によりベスト4進出となった。

>>大坂vsプリスコバ 1ポイント速報<<

>>大坂ら全豪OP対戦表<<

試合後の会見でジョコビッチは、52分で棄権の決断を下した錦織について「彼は何年もトップ10選手であり、大舞台での経験も豊富。大きな大会で何人ものトップ選手を倒してきた。彼が痛みに耐えながら戦っている姿を見るのは、とても気の毒だった」と語った。

「この数年、彼は辛いけがに苦しんでいた。グランドスラムをこんな形で終えて、いい気持ちでいるはずがない」

3年ぶり7度目の全豪オープン制覇を狙うジョコビッチは、準決勝で第28シードのL・プイユ(フランス)と対戦する。プイユは準々決勝で第16シードのM・ラオニッチ(カナダ)を下し、四大大会初の4強入りを決めている。

「彼(プイユ)は才能のある選手だと、いつも思っていた。この大会での彼の活躍は素晴らしい。何人かのトップ選手に勝利している。ここ2年間は安定した成績を出すのに少し苦しんでいた。でも、彼が本来持っているテニスの質を考えると、確実にトップ15やトップ10にふさわしい」とジョコビッチはプイユの勝ち上がりを評価した。

「彼はそんなポテンシャルを持っている。それには疑いがない。何度も一緒に練習をしている。かなり前からの知り合い。どうなるかやってみなければ分からない。準決勝なんだ。当然、お互いが決勝へいきたいと思っている」

ジョコビッチとプイユは今回が初の対戦となる。

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】
2019年1月14日(月・祝)〜27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>


【全豪オープン公式タオル発売】


関連ニュースをもっと見る

関連記事

tennis365.netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索