錦織 20代最後GS「特になにも」


第7シードの錦織圭
画像提供:tennis365.net

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)男子シングルスに第7シードで出場する29歳の錦織圭は23日、ザ・キタノ・ホテル・ニューヨーク(THE KITANO HOTEL)で行われた会見で、20代最後の四大大会出場について「特になにも思っていないです」と口にした。

>>錦織vsトランジェリティ 1ポイント速報<<

>>錦織ら全米OP対戦表<<

12月29日に30歳の誕生日を迎える錦織にとって、今大会が最後の四大大会となる。

「例年通りのという感じです。今年が特別というのはなく、いつも通り試合に入っていきたい。あまり考えずに試合ができたらと思います」

また、38歳で現役を続けているR・フェデラー(スイス)らの活躍については「自分が20歳の頃は『30くらいで引退するのかな』と考えていました。今は現役でやっている選手たちのおかげなのか、励みになっています。モチベーションにはつながっている」と語った。

続けて「(フェデラーは)昔からアイドルでしたし、今も目指している選手なので、いつでも試合はしたい。(今年7月のウィンブルドンで)ロッカーからセンターコートに入る道の途中、泣きそうになるくらいエモーショナルな感じになっていた。彼とあそこ(ウィンブルドンのセンターコート)でできるというのは、感極まる部分があった」と明かした。

錦織は初戦で予選から勝ち上がってきた世界ランク205位のM・トランジェリティ(アルゼンチン)と対戦する。

「全米オープンテニス」
大坂なおみが大会連覇を、錦織圭が日本人男子初のグランドスラム優勝を目指して戦う!
晩夏のニューヨークで繰り広げられる激戦の模様を連日独占生中継でお届け!

【放送予定】
8月26日(月)〜9月9日(月)連日独占生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索