フェデラー 東京五輪に言及


レーバー杯に参加するフェデラー
画像提供:ゲッティイメージズ

9月20日から22日まで開催されるエキシビション レーバー・カップ(スイス/ジュネーブ)に出場する世界ランク3位のR・フェデラー(スイス)が、地元スイスのテレビ局のインタビュー内で来年開催する東京オリンピックへの参加について言及した。

>>大坂ら東レ対戦表<<

>>大坂vsトモワ 1ポイント速報<<

38歳のフェデラーはこれまで、2000年のシドニー、2004年のアテネ、2008年の北京、2012年のロンドンで行われたオリンピックに出場。シングルスではロンドンで銀メダル、ダブルスでは北京で金メダルを獲得している。

フェデラーは、インタビュー内で東京オリンピックへの参加を「来月あたりに決める」とコメント。

続けて「2020年のスケジュールとしては、今のところウィンブルドンまでは設定されている」と語った。

来年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は7月12日に決勝が行われることになっており、その後開催する東京オリンピックのテニス競技は7月25日に開幕予定となっている。

最後に「オリンピックには良い思い出があるが、まだわからない。今後数週間、できれば来月中にオリンピックについて決定するつもりだ」と結論付けた。

フェデラーはレーバー・カップにヨーロッパ・チームの一員として出場し、世界ランク2位のR・ナダル(スペイン)、同5位のD・ティーム(オーストリア)、同6位のA・ズベレフ(ドイツ)、同7位のS・チチパス(ギリシャ)らと共演する。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)〜22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索