大坂「とても安心した」


初戦突破を果たした大坂なおみ
画像提供:tennis365.net

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/大坂、ハード、WTAプレミア)は18日、第1シードの大坂なおみが世界ランク181位のV・トモワ(ブルガリア)を7-5, 6-3のストレートで破り、2年連続3度目のベスト8進出を果たした。

>>大坂ら東レ対戦表<<

>>大坂 準々決勝1ポイント速報<<

上位4シードは1回戦免除のためこの試合が初戦となった大坂は第1セット、序盤はダブルフォルト犯すなどリズムを作ることができずに苦戦。しかし、リターンエースを決め徐々に主導権を握ると、第12ゲームでこの日3度目のブレークに成功し先行する。

第2セットでも第1ゲームでブレークを許すも、その後2度のブレークを奪い、初対戦のトモワを1時間30分で振り切った。

大坂は試合後の会見で「今日はとても勝ちたいという気持ちが強く、その分非常に緊張していた。だから勝利した時とても安心した。パワーの面でもいいプレーができたからよかった」と明かした。

「最初先行されたのは、自分自身がスロースターターであることも知っているからそんなものだろうとは思っていた。第2セットの最初のゲームでは私の判断がよくなかったからだけど、私はパワープレーヤーだから試合を制すのは私だと強く思っていた。その気持ちが自分を落ち着かせてくれていた」

「私としてはフォアハンドをもっと打っていきたかったけれど、トモワがバックハンドを狙ってきていた。そこから少しだけ予想とは違うものになってしまったけれど、それでもやりたいことはできたと思っている」

21歳の大坂は2年連続3度目の4強入りをかけて、準々決勝で世界ランク36位のY・プチンセワ(カザフスタン)と同149位のV・フリンク(ロシア)のどちらかと対戦する。

同日には第4シードのA・ケルバー(ドイツ)、第5シードのM・キーズ(アメリカ)、第9シードのE・メルテンス(ベルギー)が準々決勝へ駒を進めた。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)〜22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索