大坂「錦織が日本テニス牽引」


決勝進出を果たした大坂なおみ
画像提供:tennis365.net

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/大阪、ハード、WTAプレミア)は21日、シングルス準決勝が行われ、第1シードの大坂なおみが第9シードのE・メルテンス(ベルギー)を6-4, 6-1のストレートで下して2年連続3度目の決勝進出を果たし、日本勢で1995年の伊達公子以来24年ぶりの優勝に王手をかけた。

>>大坂vsパブリュチェンコワ 1ポイント速報<<

>>大坂ら東レPPO対戦表<<

前日の雨による悪天候の影響で1日2試合のダブルヘッダーとなった大坂は、同日の準々決勝で世界ランク36位のY・プチンセワ(カザフスタン)をストレートで破ると、準決勝ではメルテンスの鋭いストロークを振り切り1時間で勝利した。

試合後の会見では「今日の2試合は違ったタイプだった。プチンセワ選手とは長いラリーが続いた。一方でメルテンス選手とは強いサーブを打ち合うような形だった」と振り返った。

決勝では、世界ランク41位のA・パブリュチェンコワ(ロシア)と対戦する。パブリュチェンコワは準決勝で第4シードのA・ケルバー(ドイツ)をストレートで下しての勝ち上がり。

また大坂は日本テニス界の盛り上がりについて、男子で世界ランク8位の錦織圭の活躍が大きな影響を与えていると語った。

「錦織選手が日本のテニスブームを巻き起こしたと思う。彼が日本のテニス界を牽引し、そこに私が出てきた。私が大きく何かを変えたとは感じていない」

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)〜22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索