大坂V「何か運命のよう」


初優勝を果たした大坂なおみ
画像提供:tennis365.net

女子テニスの東レ パン・パシフィック・オープン(日本/大阪、ハード、WTAプレミア)は22日、シングルス決勝が行われ、第1シードの大坂なおみが世界ランク41位のA・パブリュチェンコワ(ロシア)を6-2, 6-3のストレートで破り、大会初優勝を果たした。生まれ故郷の大阪で、1セットも落とさずに復活を印象づける優勝を飾った大坂は会見で「何か運命のような気もする」と語った。

決勝戦、大坂はファーストサービスが入った時に100パーセントの確率でポイントを獲得。パブリュチェンコワに1度もブレークチャンスを与えず1時間9分で勝利し、日本勢では1995年の伊達公子以来24年ぶりに東レ パン・パシフィック・オープンを制覇した。

大坂は、昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で日本人初の四大大会優勝、今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でもタイトルを獲得し、世界ランク1位へ上り詰めた。

その後は早期敗退が続き女王の座から陥落、さらに2人のコーチと関係を解消するなど、様々なことを経験した。

大坂は「今はたくさんのことに感謝している。(周囲から注目されるのは)かなり慣れてきているから、より試合に集中できていると思う」と明かした。

続けて「全てのポイントに集中すること、常に前向きでいることを改めて学んだ。数カ月は調子が上がらなかったけど、いい形で力を発揮できた。ここで優勝できたのは気分がいい」と述べた。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)〜22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索