ナダル「がっかり」 初戦黒星


ラファエル・ナダル
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は11日、グループ・アンドレ・アガシの予選ラウンドロビン第1戦が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)は第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)に2-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦は黒星となった。

>>ナダルら最終戦の組み合わせ表<<

今大会前に脇腹を負傷していたナダルは、昨年覇者のズベレフから1度もブレークチャンスをつかめず、1時間24分で力尽きた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはナダルのコメントが掲載されており「体の状態に不満はない。腹筋の痛みもない。それだけが前向きに考えられること。ただそれだけ。腹筋が試合に耐えられたことには満足しているし、これを維持できたらと願っている」と語った。

「唯一の言い訳をすると、今夜は勝利に対していいテニスができなかった。前向きな気持ち、闘争心を維持したい。それは、がっかりしていること。なぜなら、感情、動き、自信、ボールの感覚が100パーセントではないだろうと分かっている中、闘争心を保つことができていなかったから」

ナダルは予選ラウンドロビン第2戦で第4シードのD・メドヴェデフ(ロシア)と対戦する。

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ・アンドレ・アガシ】
(1)R・ナダル 0勝1敗
(4)D・メドヴェデフ 0勝1敗
(6)S・チチパス(ギリシャ) 1勝0敗
(7)A・ズベレフ 1勝0敗

【グループ・ビヨン・ボルグ】
(2)N・ジョコビッチ(セルビア) 1勝0敗
(3)R・フェデラー(スイス) 0勝1敗
(5)D・ティーム(オーストリア) 1勝0敗
(8)M・ベレッティーニ(イタリア) 0勝1敗

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)〜25日(月)連日生中継
■詳細・配信スケジュールはこちら>




関連記事

tennis365.netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る