世界ランク18位のケルバー
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのアデレード国際(オーストラリア/アデレード、ハード、 WTAプレミア)は15日にシングルス2回戦が行われ、第9シードのA・ケルバー(ドイツ)は世界ランク24位のD・ヤストレンスカ(ウクライナ)と対戦したが、3-6, 0-2の時点で左足のももの負傷で途中棄権した。

<YouTube>錦織との衝撃的な出会い【添田】が秘話を明かす。父になってからテニスに対する変化とは

<YouTube>ジョコビッチとの戦いにかけた想い 【添田】が日本選手の苦悩を激白、ラケットバッグ公開

13日に行われた1回戦で世界ランク28位のワン・チャン(中国)をストレートで下していたケルバーだったが、この試合は4本のダブルフォルトを犯すなど2度のブレークを許して第1セットを落とす。第2セットでも先にブレークされたケルバーは第2ゲーム終了時点で主審に棄権を申告した。

31歳で世界ランク18位のケルバーはこれまで12個のタイトルを獲得しているものの、昨シーズンは2017年以来のツアー優勝無しでシーズンを終えていた。

一方、思わぬ形で勝利したヤストレンスカは4強入りをかけて、準々決勝で世界ランク20位のD・ヴェキッチ(クロアチア)と対戦する。ヴェキッチは2回戦で同23位のM・サッカリ(ギリシャ)を逆転で下しての勝ち上がり。

アデレード国際の第1シードはA・バーティ(オーストラリア)、第2シードはS・ハレプ(ルーマニア)、第4シードはB・ベンチッチ(スイス)、第6シードはA・サバレンカ(ベラルーシ)、第7シードはS・ケニン(アメリカ)、第8シードはM・ボンドロウソワ(チェコ)。

第3シードのP・クヴィトバ(チェコ)、第5シードのK・ベルテンス(オランダ)は欠場している。

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープン。2019年全豪を制覇し、日本人で初めて世界ランキング1位になった大坂なおみなど、今年の行方を占うトッププレーヤーたちの熱い戦いに世界中が注目する!

【放送予定】
1月20日(月)〜2月2日(日)WOWOWにて連日生中継[大会第1・2日無料放送

■詳細・配信スケジュールはこちら>