世界ランク61位のロペス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、ATP250)は15日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク61位のF・ロペス(スペイン)が第1シードのF・フォニーニ(イタリア)を3-6, 6-4, 6-3の逆転で破り、ベスト8進出を果たした。

<YouTube>錦織との衝撃的な出会い【添田】が秘話を明かす。父になってからテニスに対する変化とは

<YouTube>ジョコビッチとの戦いにかけた想い 【添田】が日本選手の苦悩を激白、ラケットバッグ公開

1日2試合を戦うダブルヘッダーを行うことになった38歳のロペスはこの日、1回戦で世界ランク63位のP・アンドゥハル(スペイン)を3-6, 7-6 (7-4), 6-4の逆転で下すと、2回戦で対戦したフォニーニには17本のサービスエースを決めるなど1時間56分の激闘の末に勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトでロペスは「今日の最初の試合はとてもタフな試合だった。シーズン初のシングルスだったけど、サービスも非常に良かったと思う。そしてその試合がなければ、ファビオ(フォニーニ)との試合でもあのように良いプレーはできなかったはずだ」とコメントを残した。

ロペスは4強入りをかけて、準々決勝で第6シードのH・ホルカシュ(ポーランド)と対戦する。ホルカシュは2回戦で予選勝者のM・イメル(スウェーデン)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第4シードのJ・イズナー(アメリカ)、第5シードのB・ペール(フランス)らがベスト8へ駒を進めている。

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープン。2019年全豪を制覇し、日本人で初めて世界ランキング1位になった大坂なおみなど、今年の行方を占うトッププレーヤーたちの熱い戦いに世界中が注目する!

【放送予定】
1月20日(月)〜2月2日(日)WOWOWにて連日生中継[大会第1・2日無料放送

■詳細・配信スケジュールはこちら>