世界ランク31位の錦織
画像提供:ゲッティ イメージズ

ブラジルのサッカークラブ ボタフォゴに所属する本田圭佑がCEOを務めるNow Do株式会社とインターネットスポーツメディア『SPORTS BULL(スポーツブル)』を運営する株式会社運動通信社が、日本を代表するトップアスリート16名とともにプレミアム音声サービス『NowVoice』をリリースした。そのサービスに男子テニスで世界ランク31位の錦織圭も参加している。

>>YouTube テニス365チャンネル<<

><YouTube>強烈サーブ攻略なるか!?【テニス 内山 靖崇】と対決、プロの凄まじさを体験<

『NowVoice』は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声を提供する定額制のプレミアム音声サービス。本田や錦織を始め、サッカー選手の長友佑都や野球選手のダルビッシュ有、ラグビー日本代表のリーチ・マイケルら計16名のトップランナーたちの本音の「声」をユーザーに届けるものとなっている。

本田サービス開始にあたり「『NowVoice』は「音声」を通じて、一人でも多くの人の人生を楽しく元気で、より幸せな時間にして頂けるようなサービスを提供し続けていきます。今は新型コロナウイルスで本当に大変な時期ですが、こんな時だからこそチャンスだと思い、トップランナー達の声を聞いて、今しかできないことを頑張る為のモチベーション向上のキッカケにして頂ければと思います」とコメントを残した。

また、第1弾として錦織らトップランナーは「日本の子供たちへ」というテーマでそれぞれメッセージを送った。

錦織は「今、大切なのはポジティブでいることです。全員がストレスのかかる生活を強いられている現在、前向きにいることは簡単ではないです。無理に先の未来をみなくてもいいでしょう。でも、今できること、未来の自分の目標のためにした方がいいこと。今一度整理してみてはどうでしょうか。今の生活の中でもできること。楽しさを小さなことからでも見つけていくことも大切です。『逆立ちができるようになる』という目標でも良いわけです。そして他人を思いやること。自分自身に余裕が無くなることもありますよね。もちろん、自分自身を大切にしてほしい。その過程で他人に優しくすることで、自分自身も報われる、ハッピーになれることがあります。自分の行動で周りにいる人に喜んでもらう。人生は1つひとつの積み重ねです。これだけの苦労を味わえば同じくらいの幸せがいつか返ってきます。今できる最善を尽くしましょう」と語りかけた。

>>『NowVoice』詳しくはこちらをクリック<<

[PR]「やっぱりテニスが見たい!記憶に残る名場面 大公開SP」

テニスの恋しい今日この頃、数々の名勝負を生んできたグランドスラムの激闘の中からWOWOW解説陣、現役選手らが選んだ名場面を特集してお届け。錦織、大坂の“あの”名場面も!

【放送日】
5/2(土)午後5:30 ※無料放送

■詳細・放送スケジュールはこちら>