ダビド・フェレール
画像提供:ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATPは3日にツイッターを更新し、元世界ランク3位のD・フェレール(スペイン)の引退試合の動画を掲載した。

>>最後のポイント動画はこちら<<

昨年5月に行われたムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)2回戦でフェレールはA・ズベレフ(ドイツ)に敗れて現役生活の幕を閉じた。

ツイッターでは同試合のマッチポイントの動画を掲載。「マドリッドでの素晴らしい瞬間。フェレールの輝かしいキャリアの最後のポイント」と綴られた。

フェレールは当時試合後に「本当に感動的な夜だ。体験した人生の大切な時間とは全く別物で、こんなことは予想してなかった」と語った。

またオンコートインタビューの後にフェレールは、試合で使用したバンダナをコートの中心に置きスタジアムを後にした。

フェレールはツアー通算27勝、四大大会では2013年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で準優勝を飾った。