(左から)大坂とヴィーナス
画像提供:ゲッティイメージズ

女子プロテニス協会のWTAは6日に公式サイトで、世界ランク10位の大坂なおみと同67位のV・ウィリアムズ(アメリカ)が行ったインスタグラムのライブ配信を特集した。

<YouTube>強烈サーブ攻略なるか!?【テニス 内山 靖崇】と対決、プロの凄まじさを体験

>>YouTube テニス365チャンネル<<

大坂はヴィーナスがライブで公開しているトレーニングセッション「Tennis Tuesday」に参加。外出自粛中の過ごし方や中止となっているツアーについて語り合った。

大坂は「自粛中はあまり特別なことはやっていない。数日前にとても厳しい足のトレーニングをして、まだ筋肉が痛む。ボールも打っているけど、筋力トレーニングはあまりしていない。コートで打つ感覚を残すことを考えている」と明かした。

「バスケットボール選手のコービーの本を読んだ。アガシの本「Open」をまた読もうと思っている。あれはとてもよくて、大会へ行くときよく読んでいる」

ヴィーナスは「植物を育てている。ツアーでほとんど家にいないから、よく枯らしてしまっていた。今はテニスではなくてガーデニングをしている」と語った。

「ツアー中はどの国に行ってもライスやスイートポテトなど同じものを食べていた。おいしいものがたくさんあるイタリアが恋しくなる」

ツアーはウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)をを含め7月13日まで中止となっている。