世界ランク37位のチリッチ
画像提供:tennis365.net

男子テニスで世界ランク37位のM・チリッチ(クロアチア)は26日にツイッターを更新し、新型コロナウイルスの2度目の検査結果も陰性だったと報告した。

>>【YouTube】強烈サーブに吹き飛ばされる!? 【内山 靖崇】と五番勝負で再戦、リターンなるか!?<<

>>【YouTube】キレッキレのスライス 内山 靖崇から3つの極意を学ぶ<<


22日に1度目の検査結果を伝え、そのときも陰性だったチリッチは、今月20・21日に行われた世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)が主催する「アドリア・ツアー」に参加し、同7位のA・ズベレフ(ドイツ)らと対戦。この大会ではその後、同19位のG・ディミトロフ(ブルガリア)、同33位のチョリッチ、同184位のV・トロイキ(セルビア)、主催のジョコビッチに陽性反応が出ていた。

チリッチはツイッターで「2度目の新型コロナウイルスの検査を終え、僕の結果が再び陰性だったことをうれしく思う。今後、14日間の隔離の後も、専門家に引き続き相談する。前向きになれるメッセージをありがとう。感染者の迅速な回復を願っている」と綴った。

「アドリア・ツアー」に参加した世界ランク3位のD・ティーム(オーストリア)、ズベレフ、同14位のA・ルブレフ(ロシア)はSNSで陰性だと公表している。

男子テニスツアーは現在、新型コロナウイルスの影響で7月31日までの中止が決定。再開は8月13日に開幕予定のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)となっている。