2回戦で敗退した錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は30日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク35位の錦織圭は同74位のS・トラヴァグリア(イタリア)に4-6, 6-2, 6-7 (7-9), 6-4, 2-6のフルセットで敗れ、6年連続7度目の3回戦進出とはならなかった。3時間53分の死闘の末に力尽きた錦織は会見で「チャンスはあった。悔しい」と語った。

>>錦織vsトラヴァグリア 1ポイント速報<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

この日、錦織は第2セットを取ってセットカウント1−1に追いつき、第3セットでは3本のセットポイントを握るも、このチャンスを逃す。

その後、第4セットを取った錦織だったが、ファイナルセットではゲームカウント1−5と崖っぷちに立たされる。第7ゲームはブレークバックしたが、第8ゲームで再びブレークを許し、2回戦敗退となった。

復帰後4大会目となった全仏オープンについて、錦織は「今までで1番よかった。これまでのいい時には全く達してないですけど、感覚としては1番いい試合。リズムだったり感覚がつかめていれば、勝てた試合だった。どんどん試合をこなしていくしかない」と敗戦を喫すも手応えを得ていた。

「結果はなんでもよかった。5セットも2回できたので、よかったと思います」

一方、勝利したトラヴァグリアは3回戦で第2シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。ナダルは2回戦でM・マクドナルド(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

その他の日本勢では、世界ランク52位の西岡良仁は2回戦敗退、同94位の杉田祐一と同95位の内山靖崇は初戦で姿を消した。

[PR]「全仏オープンテニス」
9月27日(日)〜10月11日(日)WOWOWで連日生中継!

■詳細・配信スケジュールはこちら>