ベスト8進出を果たした錦織圭
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)は2日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク45位の錦織圭が同23位のA・デ ミノー(オーストラリア)を6-3,2-6,7-5のフルセットで破り、2019年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)以来 約1年8カ月ぶりのツアーベスト8進出を果たした。試合後のオンコートインタビューでは「準々決勝へ進めてうれしい。タフな大会で、ここまで勝ち上がれて幸せ」と語った。

>>錦織 準々決勝1ポイント速報<<

>>錦織らロッテルダム対戦表<<

錦織はこの試合、第1セットを2度のブレークで先取するも、第2セットではミスを重ねると2度のブレークを許してセットカウント1−1に追いつかれる。

ファイナルセットは第9ゲームでマッチポイントを握るもチャンスを逃す。しかし第11ゲームから2ゲームを連取して2時間14分の激闘を制した。

男子プロテニス協会ATPTennisTVはツイッターで、錦織の試合後のオンコートインタビュー動画を掲載。錦織は「止まらずに、次の試合へ向け準備していきたい」と意気込んだ。

準々決勝では、世界ランク26位のB・チョリッチ(クロアチア)と同27位のD・ラヨビッチ(セルビア)のどちらかと対戦する。

[PR]男子テニスATPツアー500 ロッテルダム
3/1(月)〜3/7(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>