錦織圭、4回のマッチポイントを活かしきれず無念の敗退:ロジャーズ・カップ

現地9日、カナダ/モントリオールで開催されているロジャーズ・カップで男子シングルス2回戦が行われ、ガエル・モンフィス(フランス)が第5シードで出場していた錦織圭を6-7(4),7-5,7-6(6)で下し、3回戦進出を決めた。

モンフィスはこの日、ありえない角度からのスーパーショットを何度も決め、第3セットのタイブレークでは錦織に6-2とリードされたが4回のマッチポイントを凌ぎ、2時間41分で試合を制した。

これで、本大会でのモンフィスの対戦成績は13勝7敗となった。またTOP10選手相手にセットダウンから勝利をするのは7年ぶりで、通算では3勝62敗となっている。

ATPによるとモンフィスは、「良い勝利だよ。理由はいくつかあるけど、1つは良いリベンジになったことだ。去年の今頃、今回と全く逆の状況にケイとなったんだ。タイブレークで6-2と僕がリードしていたのに、タイブレークをとられてしまった。オリンピックの準々決勝でのことだ。だから今日のケイの気持ちはよくわかるよ」と語った。

これで錦織とモンフィスの対戦成績は錦織の3勝1敗となった。

3回戦でモンフィスは、ライアン・ハリソン(アメリカ)を7-5,6-2のストレートで下した第12シードで出場しているロバート・バウティスタ・アグット(スペイン)と対戦する。

(選手コメント引用元:http://www.atpworldtour.com/en/news/montreal-2017-wednesday-monfils-nishikori)

関連記事

おすすめ情報

テニスネットProの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索