ATP公式サイトが、世界ランク29位のホベルト・ホルカシュ(ポーランド)について知っておきたい5つのことを取り上げた。

■ポーランド人として37年ぶりにタイトル獲得
ホルカシュは、2019年にウィンストン・セーラム・オープンでキャリア初優勝を果たし、ポーランド人としては1982年のヴォイチェフ・フィバク氏以来となるタイトルを獲得した。

ホルカシュは「ポーランド人のチャンピオンが長い間いなかった。ATPツアーで優勝できて本当に嬉しい。もっと多くの選手がすぐに僕の仲間入りしてくれたらと願っているし、僕ももっと勝ちたいね。とても嬉しいよ」と語っていた。

■好スタートを切った2020年
2020シーズンは開幕から6連勝を飾った。新設されたATPカップではドミニク・ティエム(オーストリア)、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)とランキング上位選手を撃破。翌週出場したASBクラシックでも3試合を勝ち抜き、ベスト4入りを果たした。

■ソーシャルメディア・チャレンジを満喫
多くの選手が隔離期間中にソーシャルメディア上で行われたチャレンジに挑んだが、ホルカシュが参加したのは#thefloorislavaチャレンジ。

これは、誰かが「the floor is lava(床が溶岩になった)」と言ったら、テーブルに飛び乗るなどして危険を避けるゲーム。ホルカシュはテニスのスキルを見せつつ、アパートのあちこちを床に足を付けず移動し、最後は元いたベッドにたどり着いた。

(選手コメント引用元: https://www.atptour.com/en/news/five-things-to-know-hubert-hurkacz )