現地6日、グランドスラム20度の優勝を誇るロジャー・フェデラー(スイス)が、スイスのシューズブランド「On」とコラボレーションをした靴を発表した。

7月6日は、フェデラーがウィンブルドンで初優勝を飾った日。フェデラーは2003年にマーク・フィリプーシス氏をストレートで破り、グランドスラム初タイトルをウィンブルドンで手にした。

Yahoo!Sportsによると、フェデラーは「17年前の今日、ウィンブルドンで優勝して僕の人生が変わった。僕のキャリアにおける決定的な瞬間だ」と、シューズコレクションを発表したチューリッヒのスタジオで語った。

「ザ・ロジャー・センターコート・ゼロシリーズ」と名付けられたこのシリーズは白い革製で、かかとの部分に控えめに「The Roger」と金色で刻印されている。

フェデラーは「僕は90年代に育った。その当時は、大きくて派手なロゴがあちこちについているものが流行りだった。でも僕はもう少しフィットした控えめなものが欲しかった。いま現在は、あまり見せないほうが好ましい時代だ」

2010年に創業されたOnとの出会いは2017年だった。フェデラーは「スイスのブランドを応援したい。とても重要なことだ」と述べている。