オーストリア/キッツビューエルで現地9月8日に開幕するゼネラリ・オープンに、世界ランク3位のドミニク・ティエム(オーストリア)、世界ランク7位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、世界ランク8位のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)のTOP10選手3名が出場する。

その他にも、錦織圭を始め、下記の豪華な顔触れが揃っている(先頭の数字は世界ランキング)。

11位:ファビオ・フォニーニ(イタリア)
12位:ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)
13位:ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)
14位:アンドレイ・ルブリョフ(ロシア)
15位:デニス・シャポバロフ(ロシア)
18位:クリスチャン・ガリン(チリ)
20位:フェリックス・オジェ-アリアシム(カナダ)
23位:ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)
24位:テイラー・フリッツ(アメリカ)
25位:パブロ・カレーノ・ブスタ(スペイン)
26位:アレックス・デミノー(オーストリア)
27位:ニコロズ・バシラシビリ(ジョージア)
29位:ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)
31位:錦織圭

しかし、同大会は8月31日に開幕する全米オープンの2週目と重なる。フォニーニは既に全米オープン欠場の意向を明らかにしている。

ティエムは昨季、1993年にトーマス・ムスター氏がトロフィーを掲げて以来となるオーストリア人チャンピオンになった。