JR東日本大宮支社は、「鉄分補給!ヘッドマークスタンプラリー」を開催。スタンプデザインに、大宮支社管内を走った往年の列車などのヘッドマークを使用。開催期間は、2020年1月24日(金)〜2月25日(火)。首都圏の主な駅でスタンプ台紙を入手しスタート。スタンプ設置駅(デザイン)は、黒磯(あけぼの)、那須塩原(カシオペア)、宝積寺(ホームタウンとちぎ)、宇都宮(北斗星)、日光(日光)、小金井(おはようとちぎ)、小山(あいづ)、古河(エルム)、久喜(ひばり)、蓮田(なすの)、さいたま新都心(シュプール蔵王)、浦和(やまばと)、南浦和(ふるさと)、蕨(北星)、川口(はくつる)、川越(はつかり)、大宮(新幹線リレー号)、武蔵浦和(つばさ)、戸田公園(やまびこ)、北朝霞(フェアーウェイ)、東川口(ムーンライト東京)、南越谷(踊り子)、吉川美南(メルヘン大宮号)。スタンプ8個の収集で、オリジナルクリアファイルをプレゼント(先着8,000人)。引換箇所は、NewDays3店舗など。また、スタンプ台紙の郵送で応募可能な「15駅達成賞」「23駅コンプリート賞」の各賞品もあり(抽選で計50人)。賞品は、15駅がヘッドマーク柄の文房具セット、グラスセットなど、23駅が「251系 列車種別・行先表示幕」など。締切日は、2月28日(金)(当日消印有効)。