三陸鉄道北リアス線の新駅設置、東北運輸局が認可

三陸鉄道北リアス線の新駅設置、東北運輸局が認可

国土交通省東北運輸局は12日、三陸鉄道が申請していた新駅の設置を認可した。駅名は「新田老」駅。

認可した新駅は、北リアス線の田老〜摂待間に設置するもので、予定地は宮古市田老地区の中心部付近。三陸鉄道が申請した新駅設置の事業基本計画の変更について、2018年7月12日付で同局が認可した。駅の名称は、「新田老」(しんたろう)駅。愛称は、「真崎の紺青」とする。

新田老駅は、宮古市田老総合事務所の移転にあわせて設置。同事務所などへのアクセスを担う駅として開設し、バリアフリーにも配慮する形で、一体的な整備を行う。2019年10月末の開業を予定。


関連記事

鉄道コムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索