さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYO FMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。3月14日(土)放送のテーマは「昆虫食」。今回は、タレントの井上咲楽さんに「昆虫食の魅力」について伺いました。

タレントの井上咲楽さん



── 咲楽さんが昆虫食にハマったきっかけは?

1つは長野県のアンテナショップで蜂の子を食べたこと。もう1つが知り合いの知り合いが作っているコオロギラーメンを食べる機会があったこと。そして大阪のアメリカ村で道に迷い、たまたま入った爬虫類に触れるカフェのメニューがほとんど虫だったこと。2年くらい前にこの3つが同時に重なって「昆虫食って面白いかも」と思うようになりました。

最初に食べたものが蜂の子だったのが良かったのかもしれません。私も「コレを食べるの?」と思ったんですが、食べてみたら美味しくて、見た目の先入観だったんだなと。それに気付いてからはガンガン食べていました。ちなみにコオロギラーメンは具としてもコオロギが乗っていますが、そもそも出汁を大量のコオロギで取っています。

── 昆虫食は見た目に抵抗があるという人も多いと思いますが……

これは本当に慣れてないからというだけで、もし昔からコオロギがお寿司のネタになっていたらみなさん当たり前に食べていたと思います。エビやカニを普通に食べているのと同じです。地域によっては蜂の子やイナゴが伝統食として根付いているところもありますし。

ただ、昆虫ならなんでも良いというわけではありません。美味しい昆虫もいれば、美味しくない昆虫もいます。私がいろいろ食べてきたなかで感じるのは、その昆虫が食べているものによって味が変わるということ。幼虫のときに腐葉土を食べるカブトムシは土臭くて美味しくありません。もちろん衛生的に安全性を意識して、しっかり火を通して食べたときの話です。

── 昆虫食をするようになって体調などに変化はありましたか?

なんとなく肌の調子は良くなった気がします。おやつに昆虫を食べるので、甘いチョコレートの代わりにプロテインを食べているようなものですから。食べ応えもありますし、不飽和脂肪酸も肌に良いとされています。とにかく食べてみるとイメージが違うことに驚くと思うので、ぜひ食べてみてほしいです。

私は普段、昆虫食を常にバッグに入れて持ち歩いています。「バグズファーム」という通販サイトで取り寄せるんですが、フリーズドライの昆虫に塩味を付けたものが多いですね。初心者向けなのはコオロギで、ナッツみたいな感覚。アリはちょっと酸味があって、お尻のプチプチがアクセントに。足が口のなかで引っかかるようなことは一切なくて、本当に食べやすいです。

TOKYO FMの「ピートのふしぎなガレージ」は、《サーフィン》《俳句》《ラジコン》《釣り》《バーベキュー》などなど、さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介している番組。案内役は、街のはずれの洋館に住む宇宙人(!)の博士。彼のガレージをたまたま訪れた今どきの若者・シンイチと、その飼い猫のピートを時空を超える「便利カー」に乗せて、専門家による最新情報や、歴史に残るシーンを紹介します。

あなたの知的好奇心をくすぐる「ピートのふしぎなガレージ」。次回3月21日(土)放送のテーマは「アウトドア最新事情」。お聴き逃しなく!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年3月22日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ピートのふしぎなガレージ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週土曜17:00〜17:50(JFN各局の放送時間は番組Webサイトでご確認ください)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/garage