リリー・フランキーが“スナックの店主”をつとめる、TOKYO FMの番組「リリー・フランキー『スナック ラジオ』」。土曜日の夕方、ラジオの電波に乗ってオープンします。ときに香ばしく、ときに甘酸っぱく、ときにほろ苦く……そんな、スナックにぴったりなトークを繰り広げます。6月13日(土)は、ゲストにRADWIMPSの野田洋次郎さんがご来店。アルバイト女子店員の川村那月さん、BABIさんとお届けしました。


(左から)野田洋次郎さん、リリー・フランキー、川村那月さん、BABIさん


◆“そういうこと”が好きではない女性もいる…
リリー:「おつき合いを始めてやっと童貞を喪失したのに、今度は彼女がそういうことを拒みだしてしまった」、というリスナーさんからの相談ですが……どうですか? これ。女心っていうのは、なかなかわからないですよね。この間まで童貞だったのに、初めてつき合って初めてそういうことになった人に触るのも嫌がられ……。

川村:でも、そもそも“そういうこと”が好きじゃない子って、本当にいるなっていうのは、ありませんか?

BABI:いる、すごいいる。

川村:だから全然(Hが)できないからといって、あまり好きじゃないとか嫌とかじゃないんですよ。その人が嫌とかではなく。“それ自体”があまり好きじゃないみたいな。

リリー:初めてなので、正解は当然わからないから、彼女のセオリーにまったくないことをしているのかもしれない。「こいつ親指の爪、超吸うじゃん」みたいな、特殊なことかも……。

野田:率直に聞いたほうがいいですよね。「あなたのことが大好きだから、なんでしてくれないの?」とか「なんで触っちゃダメなの?」とか。

リリー:でも俺も、すごく若いときに付き合っていた人に、触ったりすることとか嫌がられた時期が……。「そういうのがちょっとダメになっちゃった」って言われて。で、1年間くらいつき合って何もしないで我慢していたんだけど、結局その人が浮気して、よそでやっていたっていうことがわかった。

野田:そのパターンもありますよね。

川村:なんで?

BABI:怖い。

リリー:でも女の人って、そういう残酷なことをするじゃない? 本当に虫も殺さず、常にウサギを膝に乗せて撫でているような人ほど……。

川村:どんなイメージですか?

BABI:そんな人いるんだ(笑)。

◆ピアノが家にある音楽一家だったのに…
野田:(川村さんが)さっき東邦音大って言ってたけど、うちの母親もそうなんです。

リリー:洋次郎のところも、音楽両親だもんね。お父さんも音楽が大好きで。

野田:そう、音楽が大好きで。家にずっと楽器があったから(自分も)始めたっていう。

リリー:でもパパがピアノを弾けるわけじゃない? 家にピアノがあったわけでしょ? なのにRADWIMPSを始めた頃は、ピアノが弾けなかったんでしょ?

野田:まったく……25歳くらいですね、弾き始めたのは。反面教師でピアノが嫌だった。だからギターだけをずっとやっていた。

リリー:でも、次のライブのためにピアノが弾きたいっていう目標のために、家で鬼勉強をしたらしい(笑)。

川村:それでできるのはすごいですね!

野田:鬼やった。だって、半年後にアリーナで弾くって決めちゃったら、やるしかないじゃん、恥をかきたくないから。

BABI:超かっこいい!

リリー:でも、ピアノを弾ける人が、洋次郎が弾いているところを見ると、「この人本当に自分で勉強したんだな」って言うんですよ。

川村:わかるんですね。

リリー:卵を握るように(鍵盤を弾く)とかじゃないらしい。カエルみたいな感じで弾いてる。

野田:我流なんですよね(笑)。

川村:すごいですね! それは。

6月28日(土)の放送は、バイトのBABIさんと川村那月さんで開店。どうぞお楽しみに!

▶▶この日の閉店後トークを「JFN PARK」でチェック!

----------------------------------------------------
スマホアプリ「JFN PARK」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→/http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:リリー・フランキー「スナック ラジオ」
放送日時:毎週土曜 16:00〜16:55
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/snack/