大学入試センター試験が、1月18日(土)、19日(日)に行われます。1月14日(火)のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」では、『受験生の先輩が教える「試験会場の教訓」』を放送。受験を経験したリスナーがパーソナリティのとーやま校長とともに、入試を控えた後輩リスナーに向けてアドバイスを届けました。その前編。
●後編はこちら



とーやま校長:本日は、高校受験、大学受験を控える全ての受験生に向けてこんな授業をお届けしたいと思う! 『受験生の先輩が教える「試験会場の教訓」』。
センター試験まであとわずか、高校受験も間もなくやってくる。そこで今夜は、高校受験、大学受験を経験した先輩から、試験会場の雰囲気やメンタルを強く保つコツなどを教えてもらおうと思っている! 受験生は勉強しながら、耳だけ傾けてくれ〜!

――受験経験者が伝える試験会場での教訓とは

◆休憩時間に友達と答え合わせをするな!(高2・男性)

とーやま校長:“答え合わせをするな”とはどういうこと?

リスナー:高校受験では同じ学校から5人受けたんですけど、一つ目の試験が終わって古文の単語を答え合わせしたら、自分だけ答えが違ったんです。それで不安になってメンタルがボロボロになってしまいました。

とーやま校長:それって、1問だけのことでしょ? 他の問題なら、4人が間違っていたところもあっただろうに……。答え合わせをしたばっかりに、そこだけがのしかかってしまったんだ。それで、それ以降のテストはどうなったの?

リスナー:「やってしまった……」と思って引きずってしまい、問題も入ってこなくなりました。

とーやま校長:めちゃくちゃ怖いじゃん。受験の結果がどうだったのか、聞いてもいいの?

リスナー:はい。僕以外の4人は合格しました。

とーやま校長:……答え合わせはやめよう。これはダメだ。ここから得たものってあるの?

リスナー:自分は引きずって失敗してしまったので……日々の定期テストとかでも、もし自分が「やってしまった」と思っても、次の科目に気持ちを切り替えてベストを尽くしてほしいです。諦めずに頑張ってください。

◆体温調節はめっちゃ大事。セーラー服には気をつけろ!(大1・女性)

リスナー:制服って結構重ね着ができないので、冬で寒いと思うんですけど……。

とーやま校長:会場にもよるよね。

リスナー:会場がめっちゃ暑いこともあるんですよ。そういうときに体温調節ができないと、具合が悪くなっちゃうしメンタルも保てなくて……。私は、模試のときにめちゃくちゃ暑くてゆでだこみたいになっちゃって、本気を出せなかったことがあるんです。

とーやま校長:セーラー服だと脱げないから、ってこと? 脱ぎようがないからそのままやっちゃって体温が上がって、いつもの状態では挑めなかったんだ。

リスナー:はい。挑めなかったです。

とーやま校長:本番はどうだったの?

リスナー:本番では、脱ぎ着できる服で行ったので大丈夫でした。

とーやま校長:経験を活かせたんだね。

リスナー:ブレザーの人も、カーディガンを着るとか脱ぎ着できるようにしておいたほうがいいです。

とーやま校長:入試って私服でもいいんだっけ?

リスナー:センターは大丈夫です。

とーやま校長:じゃあ、1枚羽織れるものとか……。

リスナー:コートを厚くして中は薄着にするとか。寒さばかりにとらわれて厚着するよりも、脱ぎ着できることのほうが大切だと思います。本気を出せなくなっちゃうと、もったいないので。

とーやま校長:これは、聴いているみんなも「なるほど」って思っているはずよ。では最後に、気持ちを伝えてもらってもいい?

リスナー:はい。受験生の皆さん体温調節は本当に大事です、というのと、春はすぐそこです。SCHOOL OF LOCK! のみんながついているので、ドンと大きくやってきてください!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年1月22日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
▶▶80名様に「TOKYO FM」オリジナルグッズをプレゼント! 応募はコチラから◀◀
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/