“芸能界最強占い師”といわれ、テレビ・ラジオ・雑誌など、さまざまなメディアで活躍中のゲッターズ飯田が贈る、幸せになる、ちょっといい言葉。


[しあわせ言葉]
真剣に遊んだほうがいい。遊びに真剣になれない人は、なにも頑張れないし、楽しめない。

あたり前ですけど、仕事って無理難題もあるし、嫌なこともあるし、多かれ少なかれ、苦労をすることがあります。
しかし、遊びは楽しい。楽しいことに真剣になれない人は、なにをやっても真剣になれません。嫌なことはもっと手を抜くわけですから、まずは、遊びをどれだけ真剣にやるか、がんばるかということは、ものすごく大事なことです。遊びで野球をやっていて怪我をする人とか……それくらい真剣に遊べるから、仕事も真剣にやれる。

人生は常に遊び心をもっていないと、うまくいきません。自分はなにをしたら楽しいのか、おもしろいと思うことを探して、それを真剣に取り組んでください。それがその人の魅力や能力にもなります。まずは、遊びこそ真剣に、仕事はほどほどで、がんばってください。

◆紹介者のいない人は占わないゲッターズ飯田が直接あなたのお悩みに答える個人鑑定は、公式占いサイト「ゲッターズ飯田流」からご応募ください。

<ゲッターズ飯田 プロフィール>
これまで約6万人を超える人を無償で占い続け、「人の紹介がないと占わない」というスタンスが業界で話題に。22年間占ってきた実績をもとに「五星三心占い」を編み出し、芸能界最強の占い師としてテレビ、ラジオに出演するほか、雑誌やWebなどにも数多く登場する。メディアに出演するときは、自分の占いで「顔は出さないほうがいい」から赤いマスクを着けている。LINE公式アカウントの登録者数は130万人を超え、著書の累計発行部数も450万部を超えている。(2019年9月現在)。『ゲッターズ飯田の金持ち風水』、『ゲッターズ飯田の裏運気の超え方」、『ゲッターズ飯田の「五星三心占い」決定版』(すべて朝日新聞出版)、『ゲッターズ飯田の運命の変え方』(ポプラ社)、『開運レッスン』(セブン&アイ出版)はいずれも10万部以上、本書の前年版にあたる『ゲッターズ飯田の五星三心占い 2019年版』(セブン&アイ出版)は100万部以上を発行している。