大学入試センター試験が、1月18日(土)、19日(日)に行われます。1月14日(火)のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」では、『受験生の先輩が教える「試験会場の教訓」』を放送。受験を経験したリスナーがパーソナリティのとーやま校長とともに、入試を控えた後輩リスナーに向けてアドバイスを届けました。その後編。
●前編はこちら



――受験経験者が伝える試験会場での教訓とは

◆昼休みは、試験会場のトイレでスクワットしろ!(大2・男性)

リスナー:2年前に模試を受けたときの話なんですけど、昼休憩が終わると眠くなるんです。そこで担任の先生から、「スクワットをすると眠気が解消する」って教えてもらって。

とーやま校長:先生から教えてもらったんだ!

リスナー:そうなんです。でもさすがに教室ではできないので……。

とーやま校長:まぁ、やってもいいけど(笑)、「どうしたんだ?!」ってなるわな。

リスナー:はい。周りの目が気になるので。それで、トイレの個室に入ってやってみたんです。

とーやま校長:何回くらいやったの?

リスナー:決めてはいないんですけど、足が疲れる……というか、だるくなるくらい。

とーやま校長:結構やるんだね(笑)。回数でいうと何回くらいなの?

リスナー:そうですね……100回とか。

とーやま校長:割とだな(笑)。じゃあ、個室から荒い吐息が聞こえてくる状態だったんだな(笑)。

リスナー:そうですね(笑)。で、その後はめちゃくちゃスッキリして、最後の5時6時まで集中力が持続しました。

とーやま校長:ほぉ〜……何か、有酸素運動がいいとかがあるのかもしれないね。じゃあこれは、朝とかじゃなくて、昼ご飯を食べた後とかがいいってこと?

リスナー:そうですね。あとは、夕方の休憩でもたまにやっていました。

とーやま校長:じゃあ受験生のみんななら、勉強中でもいいわけだよね。「集中力が切れてきたな」ってときにやるとか。それで良さそうなら、センターの本番でやってみてもいいかもしれないね。

リスナー:そうですね。僕はそれで、良い成績で無事合格できました。

とーやま校長:おめでとう! じゃあ、全国の受験生にメッセージを届けてくれる?

リスナー:はい。今までやってきたことを無駄にしないために、昼休みにスクワットをしてベストを尽くしてきてください。

◆飲みなれた飲み物を、常温で持って行きましょう。(大1・女性)

リスナー:試験に持って行く飲み物は、この季節なので冷たいものはNGなんですけど、熱すぎるものもそれはそれで……。緊張しているから、何が起こるかわからないんです。

とーやま校長:うん。

リスナー:私はセンター試験を受ける前の最後の模試に、あっつい紅茶を持って行ったんです。それで休憩時間に飲もうと思ったんですけど、前の教科がやばくて「ヤバイ! 落ち着こう!」と思って、ガーって飲んじゃってヤケドしたんです。

とーやま校長:わぁ……これはとんでもないアクシデント!

リスナー:もう痛いし、パニックになっちゃいました。なので本番では、ぬるいか常温じゃないとダメなんだ、と学びました(笑)。

とーやま校長:これ、聴いてなかったら……冷えたくないし、熱いものを魔法瓶とかで持って行くところだけど……冷静な状態じゃないもんね。

リスナー:そうなんです。私は一気飲みしちゃったんですよ(笑)。

とーやま校長:気づけなかったんだ……それぐらいの状態になるってことだよな。

リスナー:そうですね。勉強のことしか頭になくて。「次の教科のこれを復習しなきゃ」とか、そのことだけで頭がいっぱいになっちゃって。他のことに気が回らなくなっちゃいました。

とーやま校長:はぁ……だから常温がいいんだね。

リスナー:そうですね。ぬるめでもいいかなと思ってたんですけど、本番の日にはお母さんに、「この間はヤケドしたでしょ。今日は冷ましてあるよ」って言われて。自分から言わなくても何かしてくれる優しさを感じて、もう泣きそうになりました。

とーやま校長:そうだね。お母さんの優しさがめっちゃ詰まっている行為だもんね。じゃあ、その常温の飲み物を飲んでリラックスできたんだね。

リスナー:そうですね。

とーやま校長:……大事! しかも、いつも飲んでいるものがいいよね。

リスナー:そうなんです。私はコーヒーが飲めないんですけど、コーヒーって眠気覚ましに良いっていうじゃないですか。でも飲めないから、いろんなパターン……お母さんが紅茶とかほうじ茶とかいろいろ用意してくれたんです。やっぱり、飲み慣れているものは味も一緒だし安心するので、良かったなって思います。

とーやま校長:そうだね。いつもの自分でいられる気がするもんね。じゃあ、今まさに戦っているみんなに向けて、メッセージを届けてもらっていい?

リスナー:はい。飲み慣れた飲み物、食べ慣れた食べ物、聴き慣れた音楽など、いつも通りの自分を再現できれば全力が出せると思います。いつも通りにリラックスして深呼吸して、頑張ってやってきてください! 絶対、大丈夫です!!

――番組の最後には、とーやま校長もメッセージを届けました


◆味方だらけ

とーやま校長:本番当日は会場までの道のりで、同じ会場に向かうみんなに会ってソワソワするわね。「こいつよりできなかったらどうしよう」、「あの人より点数取れなかったらどうしよう」って、周りのみんなのこと見ちゃう。試験の会場に着いたとしても、自分以外の周りはもう敵にしか見えない。「こいつらに勝てんのかな? 負けちゃうかな?」って不安になる気持ちはわかる。

でも、そうではないね。敵かな? 本当に。

よく考えてみたら、同じこの受験という途方もない戦いよ。長かったであろう。つらかったであろう。そこに立ちはだかる受験という強大な敵を、一緒に倒すための同志であるのではないか? 俺はそう思っている。

ここまで一緒に戦ってきた、目標をともにしている同志。君の周りにいるのは、前にも後ろにも左にも右にも斜め前にも斜め後ろにも前にも味方しかいない。この気持ちを持って挑めば、周りを気にせず自分のやることを精一杯やり遂げられるはずである!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年1月22日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
▶▶80名様に「TOKYO FM」オリジナルグッズをプレゼント! 応募はコチラから◀◀
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/