10代向けラジオ番組TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」、2月11日(火)は『匂わせバレンタイン』をテーマに放送。2月14日のバレンタインデーにチョコレートをもらえそうな気配を感じているリスナーが、そのエピソードを電話で伝える、という内容だったのですが、なぜかリスナーがコント王者の名曲を歌う展開となりました。



とーやま校長:気がつけば、バレンタインデーまであと3日。チョコを渡したいと思っている生徒(リスナー)もいれば、「今年はアイツからありそうだな……」とドキドキしている生徒もいるはず。今日はバレンタインデーの男子サイドの授業をお届け! 題して『匂わせバレンタイン』!
バレンタインデーに「チョコをもらえるんじゃないかな……?」という匂いを感じている男子生徒に、“なぜもらえそうなのか?”を聞いていく! ツイッターを縦読みしたら自分の名前になっていたとか、同じシャーペンを使っていたとか……もしかしてだけどね、もしかしてだけど、「これってバレンタインチョコをもらえるんじゃないの〜」って……途中から2人が入ってきたな(笑)。途中からギターを持った方とボウズの方が入ってきたけど(笑)。

――ここで、リスナーのメッセージを紹介
【どぶろっく? おーきなーチョコレートをくーだーさーいー ってこと?(19歳男性)】

とーやま校長:そう、そういうこと! “もしかしたらチョコをもらえるかもしれない”って言いたくて、“もしかしてだけど”って言ったら引っ張られちゃったんだよね(笑)。

【SCHOOL DOBU LOCK!じゃん(笑)。(16歳男性)】

とーやま校長:(笑)。瞬時にこれが書けるとは……! 将来、お笑い関係の仕事に就いたほうがいいよ(笑)。

――リスナーが感じる“匂わせ”とは?

とーやま校長:もしもし! バレンタインデーまであと3日だけど、チョコはもらえそうなの?

リスナー(17歳男性):たぶんもらえます。

とーやま校長:誰からもらえそうなの?

リスナー:サッカー部の後輩のマネージャーからです。

とーやま校長:おっと! 匂わせを感じたの?

リスナー:感じました。

――このリスナーが部室で筋トレをしていたところ、そのマネージャーが入ってきて「先輩ってお菓子好きですか?」と聞いてきたそう。リスナーが「好き」と答えると「わかりました」と言っていたのですが、他の部員には同じ質問をしていないので、「たぶん、もらえる」と思っているとのこと。

とーやま校長:これは……! 相当匂っているね〜(笑)。その後輩がいつから「いいな」って思ってくれているか、きっかけはわかる?

リスナー:ケガでサッカーができなくて、ずっと筋トレをしているんです。それでマネージャーと一緒にいる時間が他のヤツよりも多いので、それかなと思います。

とーやま校長:ケガでもクサらずに筋トレしている姿を見て、「先輩、一生懸命やっているな」と思っての匂わせかもしれないね。これは相当な確率だな〜。自分では何%くらいだと思う?

リスナー:99%で!

とーやま校長:お〜、確定だね(笑)。マジでもらえると思う。じゃあ……最後に歌ってもらおうかな? いける? ここで歌っておけば、100%になるんじゃないかなと思う。

リスナー:……何をですか?

とーやま校長:何をっていうか(笑)……今日聴いてた?

リスナー:聴いてました。

とーやま校長:じゃあ答えは1個しかないじゃん(笑)。1個っていうか2曲かな(笑)。これいっとけば、確率がさらに上がって……もしかしてだけど、もしかしてだけど、金曜日、マネージャーからもらえるんじゃないの? ってことになると思うんだけど……いける?

リスナー:はい。いきます……“もしかしてだけど〜もしかしてだけど〜これってチョコレートをもらえるんじゃないのぉ〜”。

とーやま校長:(笑)。いきなり言われてすぐ歌えるって、めちゃめちゃかっこいいぞ!!(笑)。これはもらえる! いい14日になることを祈っているよ!

リスナー:はい!

とーやま校長:今日の2時間、どぶろっくしかかからないんじゃないの?(笑)。

――ここで、リスナーから届いたメッセージを紹介
【『どぶろっく逆電』じゃん。もしくは、『もしかしてだけど逆電』じゃん(笑)。(18歳女性)】

とーやま校長:そうなんだよな(笑)。匂わせている相手に対して、“もしかしてだけど、もらえるんじゃないの?”ってことだから、そうとも言える。ちなみに、今日の授業の正式名称は、『匂わせバレンタイン』だからね(笑)。

――続いては……

とーやま校長:まだまだ匂いを嗅ぎ取っちゃっている男子がいるよ! もしもし!! バレンタインではチョコもらえそう?

リスナー(17歳男性):もらえそうです。

とーやま校長:これは……! 相手はどういう女の子?

リスナー:クラスメイトなんですけど、普通に……というか並以上に話す女子ではあります。

とーやま校長:匂わせあった?

リスナー:匂わせてきました。

――そのクラスメイトの女子から、LINEで「突然だけど、食べられないものある?」と聞かれたというリスナー。「これはきてるな〜」と思い、その後は勉強に集中できなかったとのこと。

とーやま校長:そのLINEがきて、どう思ったの?

リスナー:「これはチョコだな」って。

とーやま校長:“匂わせ”というより、ストレートだよな(笑)。返信はしたの?

リスナー:「草でも土でも何でも食べます」って返しました。

とーやま校長:ちょっとふざけた感じで返したんだね。そういう関係性なんだ。それに対しては?

リスナー:「土をあげる」って言われました。

とーやま校長:土って……(笑)。これ、ちょっと匂いが消えたようにも思うけど?

リスナー:いや、違うんです。土って茶色じゃないですか。

とーやま校長:あれ? まさか……(笑)。

リスナー:「これはチョコだな」って思って……土っぽいチョコかなって。

とーやま校長:土っぽいチョコ(笑)。口にいれたらジャリジャリするやつだ!

リスナー:僕的にはフワフワ系の土がいいんですけど(笑)。

とーやま校長:土はフワフワしてないと思うけど(笑)。でもまぁ、匂ったってことか。

リスナー:そうですね。“土”で5%くらいチョコ率が上がりました。

とーやま校長:たしかに、“草か土”で“土”を選ぶってことは“チョコ”だと……そういう匂いがしたんだね。

リスナー:はい。

とーやま校長:じゃあ……一発歌っておこうか、ってことになるよね。今までの放送は聴いてた? 準備はどう?

リスナー:聴いてました。ちょっと手汗が……。

とーやま校長:電話を待っている間も「歌うのかぁ……」って思った?

リスナー:思いました。

とーやま校長:今日はそんなはずじゃなかったもんね(笑)。番組の予定にも書いてなかったもんね。

リスナー:想定外です(笑)。

とーやま校長:想定外……(笑)。でもいくしかないのよ、いこう!

リスナー:“おおきなチョコレートをください〜クラスの誰もが二度見する〜大きなチョコレートを僕にください〜”。

とーやま校長:これね、2メートルくらいのチョコレートがもらえるよ(笑)。ハッピーバレンタインになるように!

リスナー:はい!

番組の最後にとーやま校長は、「みんなに歌わせといてなんなんだけど、どぶろっく先生にも本当に申し訳ないけど、『もしかしてだけど、もしかしてだけど……』あれはね、男の勘違いを笑うネタなわけだ。男子の滑稽さを面白がるものだから、結局あれはうまくいってないと思うんだよな。やっぱ生徒のみんなには、今の時点では『もしかして……』かもしれないけども、それが確信に変わってほしい。素敵なバレンタインになってほしいと思っている。みんなもらえるといいね」と話していました。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年2月19日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/