TOKYO FMが4月26日(日)に開局50周年を迎えたことを記念して、4月29日(水・祝)にリスナーへの感謝を込めた12時間にわたる特別番組 「TOKYO FM開局50周年特別番組 LIFE TIME MUSIC 80 〜こんな時こそ音楽のチカラ〜」を生放送でお届けしました。

平日ワイド番組「Skyrocket Company」パーソナリティのマンボウやしろと「JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park」のパーソナリティ・鈴木おさむが担当したPART3(15:00〜18:00)には、2人と、そしてTOKYO FMと親交の深いSEKAI NO OWARIがゲストとしてリモート出演しました。トーク中には、TOKYO FMアニバーサリーソングを制作中というビッグニュースも飛び出しました。


SEKAI NO OWARI


◆セカオワ、新番組が日曜のお昼…雰囲気作りに奮闘中!?
やしろ:おさむさんとセカオワの関係性で言うと……SEKAI NO OWARIドームスタジアムツアー2017。

おさむ:そうです。そのときにお仕事を一緒にしたり。あとはプライベートとか、いろいろです。

やしろ:僕は「SCHOOL OF LOCK!」のつながり(マンボウやしろは2005年から2012年まで番組パーソナリティをつとめていた)もありますけど。そして今年の3月までセカオワのみなさんは「SCHOOL OF LOCK!」内で「セカオワLOCKS!」を担当していただいていましたが、この4月から新番組がスタートしたんですよね!

Fukase:そうですね。

Saori:そうなんですよ。

Nakajin:「SEKAI NO OWARI “The House”」という。

やしろ:毎週日曜12時から12時25分の放送。

おさむ:いい時間……日曜のお昼!

Nakajin:前が金曜の夜だったので、またちょっと雰囲気が違う感じで、まだ戸惑っている感じなんですけど(笑)。全然違うので……どうしよう。

Fukase:すぐ追い出されるんじゃないかと思って(笑)。

おさむ:ちょっと声のトーン1個上にして曲紹介とかしなきゃね。で、どんな話をしてるんですか? 4人で。

Nakajin:やっぱり番組名が「The House」なので、リビングで4人がしゃべっているところにリスナーのメッセージが届いて、それを元にトークを展開していくような番組なんですけど。

Fukase:第3回目にして(メンバーそれぞれリモートで)本当に家からお届けすることになったので。

おさむ:へぇ。全員、家から? 俺もよく家でビデオ会議とかやっているんだけど、最近マジで限界になってきて。子供が4歳で保育園に行かないから……。もう体力があり余っていて。ビデオ会議とかにめっちゃ映りたがるのよ。Saoriちゃん、大変じゃない?

Saori:いやぁ、大変ですよ。ラジオも子どもが寝た後に録ったりしていますね。

おさむ:そっかぁ。

◆セカオワがTOKYO FMアニバーサリーソングを制作中!?
おさむ:そんなセカオワですが、最近だと、なんとアニバーサリーソングを……?

やしろ:今回、TOKYO FM 50周年アニバーサリーソングをSEKAI NO OWARIが作られると伺いました。

おさむ:もうできたの? 曲は。

Saori:大体できているんですけど、「よし、じゃあスタジオで録ろう」というところでこの状態になっていて。(音楽スタジオでの作業が“三密”の状態なので、)今はどういうふうに録るのか模索中って感じですね。録音自体はやっぱりなかなかリモートではやらないので。

Fukase:オーケストラとかストリングスはある程度、人数を集めてやったりすることが普通だったりするので。

Saori:今はやり方をいろいろトライしているところですね。

Nakajin:プレーヤー、楽器の演奏者の人とかもやっぱりレコーディングがなくなるし、ライブもなくなるしで、今まで(宅録などを)やっていなかった人も機材を揃えて始めたりとか、そういう動きがすごく大きくありますね。

おさむ:この状況のなかで曲作りとか、そういうことはやっているんですか、今?

Saori:はい。やっています。

Nakajin:その曲(制作中のアニバーサリーソング)も、ずっとアレンジをしたりとか、完成に向けてどうしていこうっていうのは皆で話し合いながら作っていますね。

おさむ:そっか。でもこのコロナ禍はきっと曲の制作の仕方も大きく変えるよね。だって、元に完全に戻るってことはなさそうじゃないですか。

Nakajin:ある程度、今後のスタンダードになっていきそうなところもありますね。スタンダードが変わっちゃう感じが。

おさむ:ライブのやり方も変わってくるだろうし。

Saori:本当にそうなんですよ。いろいろと工夫して行かないと。

おさむ:ちなみにヒントでいいんですけど、どんな感じの曲ですか。TOKYO FM 50周年の曲は。

Saori:TOKYO FMさんは音楽をずっと大切に届けてくださっていて「音楽の力みたいなものをテーマにするのはどうか」というお話があって。それを受けて音楽の力みたいなものを信じるっていうテーマになっています。

Fukase:え、なってましたっけ?

Saori:なってるよ(笑)。

おさむ:別の曲(笑)?

やしろ:Fukaseさん、違う発注を受けてる(笑)?

Nakajin:なんかそれ、裏テーマ、なのかな?

やしろ:Nakajinも聞いてない雰囲気が出てるんだけど(笑)。

Saori:いや、「そういうテーマで書きました」ってTOKYO FMさんには説明をして。

やしろ:いや、もうやめて、それ以上(笑)。これ、Fukase君が悪かったのと、あとNakajinもフォローできるタイミングを逃したよ。DJ LOVEちゃんだっていいんだよ、フォローに入ったって、別に。

DJ LOVE:……まぁそうですね。だから本当、お楽しみに、ってことですよ(笑)。

おさむ:というわけで、今日はリモートでありがとうございました!

一同:ありがとうございました。

<番組概要>
番組名:TOKYO FM開局50周年特別番組 LIFE TIME MUSIC 80 〜こんな時こそ音楽のチカラ〜
放送日時:4月29日(水)9:00〜21:00 ※PART3は15:00〜18:00
パーソナリティ:鈴木おさむ、マンボウやしろ
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/50th/lifetime/